アパマン経営、なぜ失敗するのか?―間違いだらけの投資判断を一刀両断!

個数:
  • ポイントキャンペーン

アパマン経営、なぜ失敗するのか?―間違いだらけの投資判断を一刀両断!

  • 鹿谷 哲也【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 新評論(2009/06発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 100pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年11月29日 03時28分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 251p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784794808080
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0034

出版社内容情報

★初心者でもすぐに役立つノウハウ満載!★

今回の本のタイトルは『アパマン経営、なぜ失敗するのか?』。私の処女作のタイトルは『相続対策失敗事例集』(1990年発行)。いずれも”失敗”という言葉がついていますが内容はかなり違います。「相続対策・・・」のほうは相続そのものが中心課題ですから、アパマン経営についてはほとんど触れておりません。一方、今回の「アパマン経営、なぜ失敗するのか?」のほうはアパマン経営というビジネスそのものを対象としています。このように両者にはかなりの違いがあるのですが、その理由を考えてみますと、当時の私はアパマン経営についてはそれほど関心がなかったのだと思います。どちらかと言えば、相続税をいかに安くするか、そして納税、遺産分割をいかにスムーズにやり遂げるか、といったことに情熱を傾けていた気がします。このようにアパマン経営についてはそれほど関心がなかった私ですが、その当時は家賃が比較的安定的に上昇しておりましたので、経営そのものについてはさほど心配する必要もなかったのです。ところが時の経過と共にだんだん怪しくなってきました。家賃が上がらなくなってきたのです。デフレだから当たり前だと言われるとそれまでですが、デフレであろうが借金は負けてくれません。むしろ負担感はますます高くなるばかりです。にもかかわらず、かなりの人がとり付かれたようにアパマン投資を続けているのです。将来の年金に不安を覚えるのは分かりますが、だからといって能天気に投資して成功するほど世の中甘くありません。そこで、この本では警告の意味を込めて、失敗しないために最低限守っていただきたいポイントを列挙することとしました。また、それと併せて、地主さんがアパマンを建てる場合に注意すべき点についてもできるだけ詳細に書きました。『家主さん、地主さん、もっと勉強して下さい!』、『アパマン経営・節税テクニック これがすべてです!』と併せてお読みいただければ、より効果的だと思われます。(著者 鹿谷 哲也)

内容説明

建物に係る消費税の還付請求から複式簿記の具体的やり方まで、全くの初心者でもすぐに役立つノウハウ満載。公認会計士・鹿谷哲也氏による待望の第三弾、遂に完成。

目次

第1章 ますます厳しくなるアパマン経営
第2章 アパマンの投資判断は、こうする!
第3章 土地活用の失敗原因と対策
第4章 キャッシュフローの改善に取り組もう!
第5章 お金のかかる節税、かからない節税
第6章 消費税の還付請求は、こうする!
第7章 アパマン経理と複式簿記
第8章 アパマン専用の会計ソフト「らくらく社計簿」のご紹介

著者等紹介

鹿谷哲也[シカタニテツヤ]
(株)鹿谷総合研究所代表取締役。公認会計士鹿谷会計事務所所長。公認会計士・税理士。1952年香川県生まれ。1976年慶應義塾大学商学部卒業。1979年公認会計士試験合格と同時にプライス・ウォーターハウス会計事務所に入所。1982年公認会計士辻会計事務所において、税務・商事法務の実務に携わる。1984年新日本証券調査センター経営研究所において、全国各支店からの依頼による講演ならびに相続対策、資産運用、上場支援等を手がける。1987年(株)鹿谷総合研究所を設立。相続対策等のコンピュータ・ソフトの開発、資産税対策、M&A等を主要な業務とする。この間、高知大学の非常勤講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。