シリーズ《アーツマネジメント》<br> 創造を支える劇場技術者―舞台裏から感動を伝える

個数:

シリーズ《アーツマネジメント》
創造を支える劇場技術者―舞台裏から感動を伝える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月19日 13時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794808073
  • NDC分類 771.5
  • Cコード C0073

内容説明

伝統芸能から現代演劇まで「夢と感動の舞台」を支える劇場技術者たち。そのこだわりの仕事ぶりと情熱を描く。

目次

序章 劇場技術者とは
第1章 歴史から劇場の今を探ってみよう
第2章 日本の劇場―古典芸能のメッカ国立劇場
第3章 日本の劇場文化事情
第4章 「彩の国さいたま芸術劇場」発進
第5章 創造する舞台技術
第6章 海外との交流体験
第7章 劇場やホールの創造を支える

著者等紹介

齋藤譲一[サイトウジョウイチ]
1948年、神奈川県生まれ。東京在住。日本大学芸術学部卒業。ススキダ演技研究所一期生、劇団阿香車設立に参加後、望月優子友の会を経て、1979年、特殊法人国立劇場舞台技術部に入社、その後国立能楽堂に転任。1993年から埼玉県芸術文化振興財団彩の国さいたま芸術劇場舞台技術課長として赴任、管理統括室長、埼玉会館館長を経て、2009年3月に埼玉県芸術文化振興財団を退職。現在は、芸術技術者のステータス向上を目指す日本劇場技術者連盟の理事長を務め、「劇場講座」や「演劇・舞台技術ワークショップ」などの地域支援や交流活動、劇場やホールの管理・運営ならびに企画アドバイザーを行っている。川口市文化振興助成事業選考会議委員、日本新劇俳優教会会員、日本演劇協会会員、国際演劇協会会員、千葉商科大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

そのこだわりの仕事ぶりと情熱を描く

20世紀後半、高度経済成長とともに公共の劇場やホール、商業劇場が日本中の至る所で建設された。1990年代入ると、大型の先駆的な設備をもつ専門劇場やホールも次々とオープンし、「劇場変革時代」に突入した。数だけなら日本は世界に名だたる劇場国家になったと言えるが、劇場やホール側にとっては、箱の中身、つまりソフトや管理運営の面を充実させることが何よりも急務となった。そもそも劇場やホールの使命とは、多くの観客に足を運んでもらい、夢と感動の舞台を届けることである。こうした劇場やホールの放つ活力が観客を引きつけ、地域を活性化し、本物の劇場国家への道を歩んでいくことになるのだ。 その舞台裏を支えているのが劇場技術者なのである。劇場やホールの専門性が高まり、指定管理者制度の導入によって劇場技術のさらなる向上が求められ、芸術文化の発信基地としての役割がなお一層期待されている。そうした創造型の劇場やホールでは、何より優秀な劇場技術者の確保と育成が必須の課題となる。劇場やホールにおいて、クリエーターたちは創造に向けて計り知れない大きな力を結集させ、作品を生み出している。本書で描かれる舞台裏の世界も同様で、作品創造には常に生みの苦しみがある。それを乗り越えて創造が結実したとき、表舞台に連鎖して観客に感動が伝わるのである。世間から見れば、これまで劇場やホールの舞台裏はヴェールに包まれた世界だったと思われる。劇場技術者は、現場でさまざまな経験を積みながら育っていく。舞台づくりの過程においても数々の興味深いドラマが生まれる。本書では、そんな舞台裏で彼らが奮闘する姿を交えながら、劇場技術者の具体的な仕事内容を紹介している。彼らの仕事への情熱などを、少しでも知ってもらえたら幸いである。と同時に、この仕事を目指す人たちが一人でも増えることを望んでいる。(著者 齋藤譲一)