スウェーデンの持続可能なまちづくり―ナチュラル・ステップが導くコミュニティ改革

個数:
  • ポイントキャンペーン

スウェーデンの持続可能なまちづくり―ナチュラル・ステップが導くコミュニティ改革

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月04日 08時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 271p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784794807106
  • NDC分類 519.238
  • Cコード C0036

内容説明

サステイナブルな地域社会をつくる鍵はスウェーデンにあった。過疎化、少子化、財政赤字はこうして解決する。

目次

ナチュラル・ステップのフレームワークで成功した自治体の事例―エココミューンのチャレンジ
スウェーデンのエココミューン―その背景
再生可能なエネルギーへの転換
化石燃料車からの脱却―輸送と交通
環境配慮型住宅
グリーンなビジネス、グリーンな建築
自給自足への道のり―エコロジカルで経済的なコミュニティ発展
エコロジカルな学校と環境教育
持続可能な農業―地元で健康的に栽培する
廃棄物と向き合う
自然資源―生物多様性の保護
持続可能な土地利用と都市計画

著者等紹介

ジェームズ,サラ[ジェームズ,サラ][James,Sarah]
米国、ニューヨーク州生まれ。ハーバードデザイン大学院都市計画専攻修士課程修了。都市計画やまちづくり、持続可能な発展の分野で20年以上自治体と協働。地域計画のプランナー・コンサルタントであり、まちづくりに取り組む非営利団体の創設者でもある。1986年より、プランニングやまちづくりにおける市民参加の促進に関するコンサルティングを実施している

ラーティ,トルビョーン[ラーティ,トルビョーン][Lahti,Torbj¨orn]
スウェーデン、ウメオ生まれの都市計画家・エコノミスト。ウメオ大学プランニング専攻修士課程修了。同大学経済学の博士課程修了。1980年代、オーバートーネオでプランナーとして活躍、同コミューンがスウェーデン最初のエココミューンとなるのをサポートする。以降、スウェーデンの160以上のコミューンで持続可能性教育やワークショップを行い、エココミューンの誕生を支援してきた。エコロジーに取り組むコンサルティング会社Esam社の共同設立者でもある

高見幸子[タカミサチコ]
1974年よりスウェーデン在住。1995年から、スウェーデンへの環境視察のコーディネートや執筆活動等を通じてスウェーデンの環境保護などを日本に紹介。1999年から、国際環境NGOナチュラル・ステップの日本事務所の設立に関わり、現在、ナチュラル・ステップジャパン代表。企業・自治体の環境教育や環境対策の支援活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

農業、教育、エネルギー、建築、産業などまちづくりに関わる諸分野の成功事例を紹介し、サスティナブルな地域づくりの知恵をまとめている。
スウェーデンに本部をおく環境NGO「ナチュラル・ステップ」が日本に紹介されてからちょうど十年がたった。その発端となったのが『ナチュラル・ステップ』(K=H・ロベール/市河俊男訳、新評論、一九九六年)の翻訳出版であり、私がその第二弾として『ナチュラル・チャレンジ』(K=H・ロベール、新評論、一九九八年)を訳出して刊行した。そして今回、三冊目となる本書を、私の仲間たちとともに訳出および執筆して出版することになった。私はこの十年間のナチュラル・ステップの活動を伝える機会に恵まれたことをうれしく思っている。
ナチュラル・ステップとは、次第に深刻化する環境問題、貧困問題を見据え、社会が環境的・社会的に持続可能(サスティナブル)なものに転換することをミッションに発足した団体である。一九八九年にスウェーデンで発足し、以降、活動を各国に広げながら、自治体や企業を主な対象として、持続可能なまちづくりや組織変革のための教育とコンサルティングを行ってきた。本書は、特に持続可能なまちづくりに取り組む全ての方々のために書かれた、成功事例を含む実践の書である。
スウェーデンには二八九の地方自治体があるが、そのうち六〇を超える自治体が「環境自治体」として、環境NGOナチュラル・ステップが提唱するフレームワークを採用し、持続可能性のために根本的な変化を起こしている。
本書では、農業、教育、エネルギー、建築、産業などまちづくりに関わる諸分野の成功事例を紹介し、サスティナブルな地域づくりの知恵をまとめている。同書に登場する環境自治体には、人口が増え続ける都市もあれば、過疎に悩む寒村もある。規模も経済状況も異なるコミュニティが、それぞれが直面する個別の課題に対応しながら、持続可能な発展を遂げているのだ。その結果、脱化石燃料への政策転換、ゴミのリサイクル率九〇パーセント達成、健康的でエコロジカルな建造物の建設、生態系の復元など様々な成果を挙げている。
過疎化、少子化、財政赤字など、日本の自治体が直面する課題に対峙するためにも、自治体で環境行政に携わる職員の方々、そして地域で社会参加を進める市民の方々、本書を持続可能な発展のための実践的な事例集として活用されることを待望している。(たかみ・さちこ)