木漏れ日のラトヴィア

個数:

木漏れ日のラトヴィア

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月20日 11時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794806451
  • NDC分類 302.388
  • Cコード C0036

内容説明

人々の暮らしは?そして、バルト三国を独立に導いた「歌の革命」とは?世界遺産の街リーガに住む日本人女性によるラトヴィアリポート。

目次

第1章 無口な人々(この人の国へ;女神マーラの嘆き ほか)
第2章 たたずむ人々(白樺ジュース;石畳みの街 ほか)
第3章 歌う人々(写真の探偵;初夏の庭 ほか)
第4章 とどまる人々(ライ麦畑の大地;市場のすすめ ほか)
第5章 海を渡った人々(冬の朝のめざめ;仮面仮装の冬祭り ほか)

著者等紹介

黒沢歩[クロサワアユミ]
1991年9月モスクワ・プーシキン大学にてロシア語研修。1993年ラトヴィアに日本語教師として渡る。1997年までリーガ日本語学校教師。1997年ラトヴィア大学人文学部ラトヴィア文学科修士課程修了。1998年~ラトヴィア大学現代言語学部東洋学科にて日本語講師。2000年~在ラトヴィア日本大使館勤務
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世界遺産の街リーガに住む日本人女性によるラトヴィアリポート。人々の暮らしは?そして、バルト三国を独立に導いた「歌の革命」とは?その心情と文化を見つめた記録。
ユネスコの世界文化遺産である首都リーガの中心地は、多様な建築様式の宝庫です。装飾がちりばめられたアールヌーボー建築群が、リーガの街歩きをひときわ魅力的にしています。ラトヴィアが誇るもう一つのユネスコ無形口承文化遺産は、バルト三国の各国で行われる歌祭りです。100年以上の歴史をもつ歌祭りは、他民族に支配されてきた人々が、自己の言語と文化を維持しようとするかたくなな意思の結晶なのでした。その背景には、自然の神々を崇拝してきたラトヴィア民族の豊かなフォークロアの世界があります。歌祭りの伝統こそが、バルト三国を独立に導いた「歌の革命」と呼ばれる「人間の鎖」を実らせたのです。2004年に加盟したEUのなかで「歌う民の国」として発信するラトヴィアは、『百万本のバラ』の曲の発祥地でもあります。ラトヴィア国籍をもちラトヴィア語を話すことは、この国の人々にとって必ずしも自明のことではありませんでした。そこには、ソ連時代を生き抜いてきた人びと、独立とともに国籍を失ったロシア語系の人びと、そして、外国から帰還したラトヴィア人の、それぞれの葛藤があります。本書は、歴史に翻弄された民族の心情が複雑に絡み合う国で共生する人びとのありかたを、四季折々の暮らしのリズムのなかで追ったものです。