瞬間の君臨―リアルタイム世界の構造と人間社会の行方

個数:

瞬間の君臨―リアルタイム世界の構造と人間社会の行方

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794805980
  • NDC分類 404
  • Cコード C0036

出版社内容情報

【世界のスクリーン化と遠近法時空の解体】情報技術によって仮想空間が新たな知覚空間として実体化していく様相を,最新の物理学的根拠や権力の介入の面から全面読解!
著者は本書で最新の物理学まで遡り、新しい物理学像そのものが旧来の遠近法を組み替えるものであることを明らかにしている。そして新しい物理学と結びついた情報技術が、「知覚」というインターフェイスを通して、人びとや社会や意識をどのように再編成しているのかを具体的に描き出す。こうした作業を進める中で、著者は「遠近法」の解体は、権力によるものでも、恣意的なものでもなく、実際には、新しい技術としての情報化に伴い、必然的に生まれるものだという驚くべき事実を明るみに出す。 しばしば語られるグローバル化とは、そうした新しい技術を介して、人びとが、遠近法に代わる新たな知覚空間を受容するプロセスだとも言える。問題は、グローバル化がもたらす「知覚空間」を再編成するプロセスに、権力が介入し、新たな「知覚の政治学」を生み出している点にある。このことを鋭く抉りだしたのが本書である。

内容説明

しばしば語られるグローバル化とは、複数の地理的空間を瞬時に結ぶ新しい情報技術を介して、人々が、旧来の遠近法に代わる新たな知覚空間を受容するプロセスであると言えるだろう。問題は、グローバル化がもたらす「知覚空間」の再編プロセスに、権力が介入し、全く新しい「知覚の政治学」を生み出している点にある。本書では、このことを鋭く抉り出した。

目次

第1章 間接的な光(「間接照明」の時代;リアルタイムが生み出す遠隔存在 ほか)
第2章 最後の乗り物(「動かない乗り物」―オーディオ・ヴィジュエル;目的地がやって来る旅行―私たちは皆、あらゆる所に住むようになる ほか)
第3章 運動光学(アインシュタインの「視点」概念と最先端の素粒子理論;新たな時空―一〇億分の一秒は一五〇億年のようであり… ほか)
第4章 環境コントロール(「リアルタイム」の外観移送;「視覚機械」の君臨 ほか)
第5章 極の不動(大地という空間基軸の崩壊;「ゼロ時間」―持続時間の崩壊 ほか)

著者等紹介

ヴィリリオ,ポール[ヴィリリオ,ポール][Virilio,Paul]
1932年パリ生まれ。現代の最先端の思想家。建築家として、1960年代に「不均衡」を建築に取り入れ、現代建築の刷新を図る。「外と内」との分離や、居住空間の静態化をもたらす近代建築に対し、「oblique(斜め)」の空間を作り出し、「動き」を促す新しい空間設計を推進。フランス建築批評大賞を受賞したほか、建築大学の学長を務める。「68年5月」には活動家として積極的に関与し、オデオン劇場の占拠に加わる。空間設計の専門家として出発した彼は、「空間が壊れている」現実に直面し、それを「速度」という概念から説き明かしていく。そしてコミュニケーション社会という「光の速度」に到達した今日、「現実」がどのように再編成されるのかを、メディア、美術、文化、技術など幅広い文明批評の観点から解明している。また2002年の年末から2003年の3月まで、現代美術の殿堂、カルチェ財団現代美術館(パリ)で、「Ce qui arrive/Unknown quantity(起きること〔ラテン語で「事故」のこと〕・未知数)」という展覧会を企画し、現代文明の中で隠されていた部分に光を当て直している

土屋進[ツチヤススム]
中央大学ほか非常勤講師。現代社会、文化、思想に幅広い関心を抱く
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。