ともにつくる総合学習―学校・地域・生活を変える

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794805324
  • NDC分類 375
  • Cコード C0037

内容説明

これこそが総合学習。本書は“総合学習ブーム”にのった“ハウ・ツー書”ではない。生活教育の研究運動を主体的に担ってきたメンバーの実践・理論的問いかけ。

目次

序章 いまを生きるための総合学習
第1章 総合学習の魅力(いのちの、でっかいつながり―小学三年生とともにつくる総合的な学び;学級・学年の文化活動から広がった平和学習 ほか)
第2章 問いを育て、課題に迫る―教科教育と総合学習(問題づくり・探検・レポートで算数の世界は広がる;わくわくたんけんたい―私たちのまち大発見 ほか)
第3章 人に出会い事実に学ぶ―地域と結ぶ総合学習(多摩川は東京のたからもの―ヒト・モノ・コトとの豊かな出会いからの総合学習;タヌキのいる小学校 ほか)
第4章 総合学習を科学する(子どもの学びからカリキュラムをつくる;地域づくりと結合した総合学習 ほか)

著者等紹介

丸木政臣[マルキマサオミ]
1924年生まれ。和光学園学園長。日本生活教育連盟委員長、全国教研共同研究者

中野光[ナカノアキラ]
1929年生まれ。日本生活連盟副委員長。前中央大学教授

斎藤孝[サイトウタカシ]
1930年生まれ。日本生活教育連盟研究部長。元、桐朋学園桐朋小学校校長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【学校・地域・生活を変える】本書は“総合学習ブーム”にのった“ハウ・ツー書”ではない。生活教育の研究運動を主体的に担ってきたメンバーの実践・理論的問いかけ!
小・中学校の“総合学習”を実り豊かなものにするために,日本生活教育連盟(通称「日生連」)という研究団体は総合学習を半世紀をこえる歩みの中で一貫して追及してきたことで知られている。いま、その本部事務局は和光学園におかれているが、ここ数年、「和光の総合学習」は全国的に注目を浴びてきている。 本書は、その日生連の会員の総合学習についての実践的・理論的研究を集録し、これからの総合学習のあり方に一石を投じようとしたものである。