世界文明における技術の千年史―「生存の技術」との対話に向けて

個数:
  • ポイントキャンペーン

世界文明における技術の千年史―「生存の技術」との対話に向けて

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 372p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794805225
  • NDC分類 502
  • Cコード C0020

内容説明

再生・循環の思想に根ざす非西洋世界の営みから「生存の技術」の重要性を解き明かす比較文明論的視座。

目次

アジア技術の時代―西暦700~1100
モンゴル以前
西方での動き―1150~1490
アメリカ大陸の征服とアジア貿易
火薬帝国―1450~1650
技術の概念―1550~1750
産業に起きた三つの変化―1700~1815
銃砲と鉄道―アジア・イギリス・アメリカ
鉄道帝国―1850~1940
科学革命と技術の夢
20世紀の生存の技術

著者等紹介

パーシー,アーノルド[パーシー,アーノルド][Pacey,Arnold]
1937年に中国の雲南省で、イギリス人の両親のもとに生まれる。56年からノッティンガム大学で物理学を専攻、59年に修士号を取得。その後5年間、物理学の分野で研究所に勤める一方、科学技術史について個人的なトレーニングを受け、マンチェスター大学の科学技術政策研究所で正規の講座を担当した。76年まで国際NGO「オックスファム」の事務所で編集と文書保存の仕事に就き、以後現在まで、科学技術史の著作活動のほか、オックスフォードやリーズのオープンユニバーシティの技術史コースのチューターとして活躍している

林武[ハヤシタケシ]
1930年北海道に生まれる。58年一橋大学大学院社会学研究科卒業、社会学博士。アジア経済研究所、国連大学プロジェクト・コーディネーターを務める。86年から大東文化大学国際関係学部教授。2000年8月1日死去、享年70歳。専攻は技術の国際関係論、中東地域研究

東玲子[ヒガシレイコ]
1958年横浜に生まれる。81年東京農工大学農学部林学科卒業。財団法人日本野生生物研究センター(現・財団法人自然環境研究センター)を経て、83年に野生動物保護管理事務所を設立、93年からワイルドライフ・ワークショップ主宰。専攻は野生動物保護管理学。95年から97年までナイロビに滞在中、日本とヨーロッパからのアフリカへの技術移転の現場を体験する
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【生存の技術」との対話に向けて】生態環境的視点により技術をめぐる人類史を編み直し,再生・循環の思想に根ざす非西洋世界の営みを通して「生存の技術」の重要性を探る。
人類史上の様々な技術革新をアジア、イスラム、西欧の相互作用として捉え、生態や環境を考慮した未来の技術移転のあり方を探る。