モスクワ綺想曲―ロシアの中のモスクワ、モスクワの中のロシア

個数:
  • ポイントキャンペーン

モスクワ綺想曲―ロシアの中のモスクワ、モスクワの中のロシア

  • 安達 紀子【著】
  • 価格 ¥2,420(本体¥2,200)
  • 新評論(1998/12発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 44pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794804334
  • NDC分類 302.38
  • Cコード C0095

出版社内容情報

【ロシアの中のモスクワ,モスクワの中のロシア】珠玉の記録文学『モスクワ狂詩曲』の続編。生活,政治,経済,文化,芸術,恋愛――1994-98年,新しいロシアの美しい素顔。

内容説明

この世のすべての愛に乾杯!珠玉の記録文学『モスクワ狂詩曲』に続く、待望の新作!1994‐1998。

目次

第1章 その後のモスクワ(変貌するモスクワ;ロシア大統領選―ロシアの一大スペクタクル)
第2章 芸術を愛する人びと(「私は自分にふさわしい人生を生きなかった」―演劇評論家の母親の嘆き;オデッサから来たヴァイオリニスト ほか)
第3章 うつくしきロシアの人びとの肖像(アメリカに住むターニャ―「生きていくのは辛い」;ワレンチーナ・アレクサンドロヴナ―偉大なる彫刻家の愛娘 ほか)
第4章 文化と非文化の狭間で(富める者と貧しき人びと;「ロシアはロシア」―ヨーロッパとアジアの狭間で ほか)