日本は環境に優しいのか―環境ビジョンなき国家の悲劇 (増補版)

個数:

日本は環境に優しいのか―環境ビジョンなき国家の悲劇 (増補版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 456p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784794804013
  • NDC分類 519.1
  • Cコード C0036

内容説明

浅薄な日本の環境行政を問う。気候変動枠組み条約の第三回締約国会議(’97年12月)以降の動きを緊急増補。本書は地球温暖化対策や環境影響評価法の制定などを検証し、環境に優しい国をつくるための幅広い提言を盛り込んでいる。

目次

第1章 地球温暖化問題と日本
第2章 環境基本法と環境影響評価(アセスメント)制度
第3章 曲がり角の自然保護
第4章 地球環境問題と日本
第5章 環境に優しい社会の条件

出版社内容情報

【環境ビジョンなき国家の悲劇】地球温暖化,環境影響評価法の制定など1992年の地球サミット以降の取組を検証する。また,97年12月の京都会議(COP3)以降の取組も増補。