精神発生と科学史―知の形成と科学史の比較研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

精神発生と科学史―知の形成と科学史の比較研究

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 429p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784794802996
  • NDC分類 402
  • Cコード C1010

出版社内容情報

【知の形成と科学史の比較研究】ピアジェ最後で最大の著作!認識論と科学史の再構成をはかる巨人ピアジェの最終的到達点!21世紀の知の組み換えに関わる前人未踏の知の体系!

内容説明

ジャン・ピアジェは20世紀後半の知の広範な領域に、巨大な影響力を行使した思想家だった。ロランド・ガルシアを共著者とする最後の著作で、かれは発達心理学の理論体系と科学史(数学史、物理学史)とを比較することにより、知の形成に関する普遍理論の構築を試みた。認識論と科学史の再構成をはかる、この最終的な壮大な到達点から、人は21世紀の知の組みかえにかかわる、いくつもの有効な提言を読みとるにちがいない。

目次

第1章 アリストテレスからインペトゥスの力学へ
第2章 精神発生とニュートン以前の物理学
第3章 幾何学の歴史的発展
第4章 幾何学的構造の精神発生
第5章 代数学
第6章 代数学以前のシステムの形成
第7章 力学の発展
第8章 物理学的知識の精神発生
第9章 科学、精神発生、イデオロギー

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴィクトリー

1
子供の思考の発達と、科学(数学、物理学)の発展とは類似している、と言う考えの本。ではあるのだが、ピアジェの発生的認識論?構成的認識論?について触れるのが初めてであったことと、群・環・体などの高度な数学の話が出てくると理解が追付かず、訳注で簡単な説明はしてくれているものの、半分以上が理解出来てない気がする。とは言え、物事の理解の段階として、「内」「間」「超」の段階を経ると言う考えや、理論の発達の障害物としての擬似必然性と言う考えは興味深かった。2012/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/881501

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。