精神発生と科学史―知の形成と科学史の比較研究

個数:

精神発生と科学史―知の形成と科学史の比較研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月24日 00時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 429p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784794802996
  • NDC分類 402
  • Cコード C1010

内容説明

ジャン・ピアジェは20世紀後半の知の広範な領域に、巨大な影響力を行使した思想家だった。ロランド・ガルシアを共著者とする最後の著作で、かれは発達心理学の理論体系と科学史(数学史、物理学史)とを比較することにより、知の形成に関する普遍理論の構築を試みた。認識論と科学史の再構成をはかる、この最終的な壮大な到達点から、人は21世紀の知の組みかえにかかわる、いくつもの有効な提言を読みとるにちがいない。

目次

第1章 アリストテレスからインペトゥスの力学へ
第2章 精神発生とニュートン以前の物理学
第3章 幾何学の歴史的発展
第4章 幾何学的構造の精神発生
第5章 代数学
第6章 代数学以前のシステムの形成
第7章 力学の発展
第8章 物理学的知識の精神発生
第9章 科学、精神発生、イデオロギー

出版社内容情報

【知の形成と科学史の比較研究】ピアジェ最後で最大の著作!認識論と科学史の再構成をはかる巨人ピアジェの最終的到達点!21世紀の知の組み換えに関わる前人未踏の知の体系!