ライト兄弟―イノベーション・マインドの力

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

ライト兄弟―イノベーション・マインドの力

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月01日 10時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 422p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794222787
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C0023

出版社内容情報

人類の長年の夢を実現させたライト兄弟の飽くなき探究の軌跡を描きつくす。2015年にアメリカで発売されるやニューヨーク・タイムズのベストセラー1位を独走した決定版評伝!
1903 年12 月17 日、ノースカロライナ州キティホーク近郊のキルデビルヒルズ。ウィルバーとオーヴィルのライト兄弟は、12 馬力のエンジンを搭載した「ライトフライヤー号」で有人動力飛行に初めて成功した。
人類を地上から解き放つこの革新技術を実現させた兄弟の苦闘と家族の愛情の足跡を、膨大な量の日記や報道記事、家族との手紙などの資料を駆使して描き切った評伝の決定版。

始まりの物語
大空への夢
風が吹く場所
揺るぎない決意
1903 年12 月17 日
ハフマン・プレーリーの空
第一級の見本
勝利のル・マン
墜落
至福のとき
歓喜の日

デヴィッド・マカルー[デヴィッド マカルー]
著・文・その他

秋山勝[アキヤママサル]
翻訳

内容説明

1903年12月17日、ノースカロライナ州キティホーク近郊のキルデビルヒルズ。ウィルバーとオーヴィルの兄弟は、12馬力のエンジンを搭載した「ライトフライヤー号」で有人動力飛行に初めて成功した。人類を地上から解き放つこの革新技術を実現させた兄弟の苦闘と家族の愛情に支えられた足跡を、膨大な量の日記や報道記事、家族との手紙などの資料を駆使して描き切った評伝、決定版。ニューヨークタイムズ・ベストセラー第1位、アマゾンThe Best Books of 2015。

目次

第1部(始まりの物語;大空への夢;風が吹く場所;揺るぎない決意)
第2部(一九〇三年十二月十七日;ハフマン・プレーリーの空;第一級の見本;勝利のル・マン)
第3部(墜落;至福のとき;歓喜の日)

著者等紹介

マカルー,デヴィッド[マカルー,デヴィッド] [McCullough,David]
作家、歴史家。1933年、ピッツバーグに生まれる。イェール大学卒業後、スポーツ・イラストレイテッド誌、アメリカン・ヘリテージ誌で編集に携わる。1968年、The Johnstown Floodを発表、以降、本格的な作家活動に入る。Truman(1992)とJohn Adams(2001)でピュリツァー賞受賞。1977年のThe Path Between the Seas(1977、邦訳『海と海をつなぐ道―パナマ運河建設史』鈴木主税訳)と若き日のセオドア・ルーズベルトを描いたMornings on Horseback(1981)で全米図書賞受賞

秋山勝[アキヤママサル]
翻訳者。1957年生まれ。立教大学卒。編集者を経て翻訳者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケニオミ

13
恥ずかしながら、世界初の飛行実験に成功した兄弟としか知らなかったです。その二人の生い立ちから亡くなるまでを十分に調べ、丁寧に紹介している伝記です。やはり最初に事を成す人は、子供の頃から違うんですね。機械に対する好奇心が非常に強い。それにその好奇心を満足させようとする家族にも恵まれている。下調べも十分に行い、風洞実験を何度も行なった結果、先人達の飛行に関する考察が全て誤っているのを発見するなんて喜劇みたいな展開もあります。あまりに二人が聖人君子みたいので、その分面白みに欠けますが、十分お薦めできる一冊です。2017/06/21

5
人類初の動力飛行を達成したライト兄弟の最新評伝。日本で出版される以前からNYTのランキングなどで目にしていて、気になっていた本です。アメリカ本国で大ベストセラーになったのも納得な素晴らしい本でした。膨大な資料を元に、兄弟の人となりを見事に描き出していたと思います。人物伝でここまで心を揺さぶられたのは今まで数えるほどしかありません。第11章のラストシーンが本当に美しい。お薦めです。2017/07/24

マリモ

4
一言で言うと感動した!ライト兄弟は自転車店を経営しながら隙間時間を見つけては常に飛行機の研究をしていた。何度も何度も失敗を重ねても飛べると信じていた。公で飛ばすまでは馬鹿にすらされていた。信じることの大切さを教えてくれた。2019/11/29

プラス3

3
ライト兄弟の伝記で、タイトルもそのものズバリの『ライト兄弟』。試行錯誤しながら飛行機を開発し初飛行に成功するシーンはもちろん、子供向けの伝記や漫画では触れられない、初飛行のあとの話・特許や名誉に関係するちょっとドロドロした話などが、日記や手紙、雑誌・新聞などの膨大な資料をもとに描かれていてまさに決定版といえる。見どころの大勢の観衆が見守る中で空を飛ぶシーンは、やはり、読んでいてかなりくる。2020/01/12

デューク

3
人類初の飛行を成し遂げた、ライト兄弟の伝記。 1903年12月17日。ライト兄弟の伝記の多くは、その日で終わっている。この本は、その日から始まると言っても過言ではない。彼らの偉業を疑う人々との闘い、米国陸軍からの冷たい仕打ち、フランスでの売込の日々、そして米国への凱旋。イノベーションを成し遂げた人物が、そのイノベーションをいかに世に問うたかを語る一冊であり、新たな産業が産声を上げる瞬間を描いた一冊である。爽やかな読後感で、読めばきっと前向きになれる一冊。おすすめ2017/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11775950

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。