日本開国―アメリカがペリー艦隊を派遣した本当の理由

個数:

日本開国―アメリカがペリー艦隊を派遣した本当の理由

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月16日 06時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794217370
  • NDC分類 210.595
  • Cコード C0021

内容説明

米側史料を本格的に取り上げ、開国のシナリオを作った中心人物、アーロン・パーマーの、ペリー遠征に向けた世論操作、彼と東部エスタブリッシュメントとの繋がり等々、関係者の動きを点描しながら、日本に開国を迫ったアメリカの真意を明らかにしてゆく。今日まで一貫するアメリカの対日・対中政策の原型がまさにこのときに作られたことを示した「新・開国史」。

目次

ハリス来日の違和感
幕末知識人のバイブル
家斉の絶頂
流出する国防情報
運河開削ベンチャーの頓挫
弁財船漂流
頼山陽の死と関藤藤陰
宣教師の死
「泳ぐ石油」
シャルウィダンス?
富士は見えたか?
不況はチャンス
新旧の確執
イギリスの正義、宣教師の正義
決闘、アメリカの騎士道
感応寺破却
ヒッチハイキング帝国主義
『日本外史』出版
大統領の若妻
江戸に来たガリバー
救「鯨」主
「アメリカ」誕生
逃亡者と冒険者の表現
「対日戦争計画書」
仮想敵国「英蘭連合」とパナマ運河
伝えられなかった情報
ペリー任命と世論工作
「ニューヨーク―太平洋ハイウェイ構想」
本当だったオランダ情報
混沌の支那大陸
誤訳のトリック
男たちのその後
タウンゼント・ハリスの孤独
センチメンタルチャイナ

著者等紹介

渡辺惣樹[ワタナベソウキ]
昭和29年生まれ。静岡県下田市出身。52年、東京大学経済学部卒業。日本専売公社(現JT)勤務を経て、57年カナダ移住。現在ソーワトレーディング代表。事業のかたわら、近現代における日米関係の深層を新たな視点から探るべく、米側史料を広く渉猟している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件