炭鉱太郎がきた道―地下に眠る近代日本の記憶

個数:

炭鉱太郎がきた道―地下に眠る近代日本の記憶

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794216991
  • NDC分類 567.096
  • Cコード C0095

内容説明

そこには、底知れぬ豊饒さがあった―。かつて日本の近代を「地の底」から支え続けた炭鉱夫(=炭鉱太郎)たち。彼らはどこからやってきて、どこへ消えたのか?ヤマをめぐる欲望うずまく歴史を縦糸に、無名にして確かに生きた人びとの濃密な生の軌跡をたどるルポルタージュ。

目次

プロローグ 失われた記録
第1章 甦る炭鉱太郎(「炭鉱で働いておったもんは一人もおらんよ」;たっちゃんと「麻生家のヤマ」 ほか)
第2章 ボタ山の老夫婦(筑豊富士のふもとのドラマ;「ボタも赤々と燃えるんよ」 ほか)
第3章 逆光のなかの「山の神」(坑夫の魂が還る場所;痕跡を消したヤマの守り神 ほか)
第4章 ヤマに消えたキリスト(徳川家康の山例五十三條;キリスト教宣教地域が暗示するもの ほか)
第5章 忘れられた西の果て(東洋一の対州鉱山;『忘れられた日本人』の里 ほか)

著者等紹介

七尾和晃[ナナオカズアキ]
1974年、石川県金沢市出身。ルポライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鱒子

28
図書館本。宇佐美まことさんの著書「愚者の毒」を読んで、自分の生まれ育った土地の事をあまりにも知らないと気付きました。「黒い手帳」?「炭住」? 私が生まれ育ち、現在も住んでいる所は、かつて炭鉱で栄えた場所です。しかし、私の身内には炭鉱従事者はおらず、マチの歴史は知らない事だらけでした。 地元の有名なスポーツ施設が、かつては炭鉱従事者の幹部養成学校だった事を知ったり、炭鉱労働者の中には、白人捕虜がいた事を知ったりと、まさに目から鱗の本でした。無知の知のスタートラインにやっと立った気がします。2017/03/08

江口紀

0
鉱山の事を調べていて、たどり着いた本書。ちょっと泣かせすぎなところがあり、NHKスペシャルの元ネタになりそうな感じはある。類書が少ないので手に入りやすさで貴重な一冊。

最終バック九番手

0
弾圧された長崎キリシタンの末裔が筑豊炭田に多数流れていったらしい…あとがきと謝辞の自分語りには違和感が残る…参考文献:あり…第1刷発行:2009年3月2日…本体1700円2009/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/137676

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。