日本帝国の申し子―高敞の金一族と韓国資本主義の植民地起源 1876‐1945

個数:

日本帝国の申し子―高敞の金一族と韓国資本主義の植民地起源 1876‐1945

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月17日 02時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 454p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794212757
  • NDC分類 332.21
  • Cコード C0022

内容説明

日本統治の経験は朝鮮の工業化にいかなる影響をおよぼしたのか。それは戦後韓国・朴正煕政権時代の驚異的な経済成長とどのようにつながっているのか。朝鮮史研究の第一人者、ハーバード大学のエッカート教授が、史上初の朝鮮資本による大規模企業「京城紡織株式会社」の発展と拡大、そしてこれを経営した高敞(全羅北道)の金一族が産業資本家として成功をおさめるにいたったプロセスを精緻に検証。日韓近現代史における最重要のテーマである日本の植民地統治の「遺産」を初めて公正に評価し、欧米で高く評価された労作。日韓近現代史に根本的な書き換えを迫る、真に革新的な研究。

目次

第1部 朝鮮における資本主義の誕生(商人と地主―資本の蓄積、一八七六年~一九一九年;産業資本家―胎動と誕生、一九一九年~四五年)
第2部 発展のパターン(資本家階級と国家―金融面での結びつき;資本家階級と国家―経営上のパートナー;本国と後背地のはざまで―原料と技術獲得;本国と後背地のはざまで―市場を求めて)
第3部 資本家階級と市民社会(「文句をいわずに」―資本家は労働者階級をどう扱ったか;祖国よりも階級の利益を―内鮮一体と朝鮮の資本家階級)
植民地時代の遺産

著者等紹介

エッカート,カーター・J.[エッカート,カーターJ.][Eckert,Carter J.]
ハーバード大学教授(朝鮮史)。ハーバード大学コリアン・インスティチュート所長。『日本帝国の申し子』により、「ジョン・ホイットニー・ホール・ブック賞」(アジア研究協会)、「ジョン・キング・フェアバンク賞」(アメリカ歴史学会)をそれぞれ受賞

小谷まさ代[コタニマサヨ]
翻訳家。富山県生まれ。富山大学文理学部卒業。主な訳書に『アメリカがアジアになる日』(草思社)、『多重人格はこうして作られる』『完全なる治癒』『エラ;孵化する少女』『心ひとつで人生は変えられる』(以上、徳間書店)『ピクチャーアトラスシリーズ―絵で見る人体大地図』(同朋舎出版)ほか
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

朝鮮資本による初の大規模企業「京城紡織」の興隆をとおして、朝鮮近代化に果たした日本の影響を検証。