裁判員裁判の理論と実践 (補訂版)

個数:

裁判員裁判の理論と実践 (補訂版)

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 461p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784792319991
  • NDC分類 327.6
  • Cコード C3032

目次

第1部 裁判員裁判の公判前整理手続(公判前整理手続における「争点」の明確化;公判前整理手続の現状と課題―改正刑訴法施行後3年を経過して;裁判員裁判の公判前整理手続に関する今日的課題;立証趣旨と証拠決定)
第2部 裁判員裁判の公判手続(合意書面を活用した「動かし難い事実」の形成―裁判員制度の導入を見据えて;裁判員裁判における裁判官の尋問の在り方;裁判員裁判における手続二分論的運用;裁判員裁判における対質尋問の活用;量刑事実の証明と量刑審理;裁判員裁判における伝聞法則の運用と「分かりやすい」審理)

著者等紹介

杉田宗久[スギタムネヒサ]
昭和31年5月大阪府柏原市に生まれる。昭和55年3月早稲田大学法学部卒業。昭和57年4月大阪地方裁判所判事補。昭和59年4月福岡地方裁判所判事補。昭和62年3月裁判所書記官研修所(現裁判所職員総合研修所)教官(刑事法担当)。平成2年4月東京地方裁判所判事補。平成4年4月高知地方裁判所判事。平成8年4月大阪地方裁判所判事。この間、平成10年にアメリカ合衆国において司法制度調査研究。平成11年4月司法研修所教官(刑事裁判担当)。平成15年4月大阪地方裁判所部総括判事。平成23年9月大阪高等裁判所判事。平成24年4月同志社大学大学院司法研究科(法科大学院)教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。