医事刑法研究<br> 尊厳死と刑法―医事刑法研究〈第2巻〉

個数:

医事刑法研究
尊厳死と刑法―医事刑法研究〈第2巻〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 297p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784792316518
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C3032

内容説明

本書は、前著『安楽死と刑法(医事刑法研究第1巻)』(2003年・成文堂刊)の続編として、尊厳死の問題について私がこれまで約18年間に亘って書いてきた論文に若干の加筆・修正を施して(一部は書き下ろして)まとめたものである。

目次

序章 尊厳死の意義と問題の所在
第1章 人工延命措置の差控え・中断の問題について―アメリカの判例分析を契機として
第2章 アメリカ判例法における「尊厳死」論のさらなる展開
第3章 末期医療と延命拒否―(西)ドイツおよびアメリカの事例を素材として
第4章 ドイツ法における「尊厳死」論
第5章 続・ドイツ法における「尊厳死」論―ケンプテン事件判決の検討
終章 尊厳死問題の行方

著者等紹介

甲斐克則[カイカツノリ]
1954年10月大分県朝地町に生まれる。1977年3月九州大学法学部卒業。1982年3月九州大学大学院法学研究科博士課程単位取得。1982年4月九州大学法学部助手。1984年4月海上保安大学校専任講師。1987年4月海上保安大学校助教授。1991年4月広島大学法学部助教授。1993年4月広島大学法学部教授。2002年10月法学博士。2004年4月早稲田大学大学院法務研究科教授。現在に至る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。