12人の皇帝たち―古代から現代までの権力のイメージの変遷をたどる

個数:

12人の皇帝たち―古代から現代までの権力のイメージの変遷をたどる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月16日 18時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 467p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791774357
  • NDC分類 288.493
  • Cコード C0022

出版社内容情報

ジュリアス・シーザーからドミティアヌスまで
ローマの政治における皇帝の肖像の重要性に始まり、何世代にもわたる無名の織物職人、家具職人、銀細工職人、印刷職人、陶芸家の作品や、メムリングやマンテーニャから19世紀のアフリカ系アメリカ人の彫刻家エドモニア・ルイスまで、様々な作品を紹介しながら、2000年にわたって12人の皇帝たちのイメージが芸術と文化の歴史に果たしてきた役割やその理由を、豊富な図版とともに紹介する。

目次

1 モールの皇帝―序章
2 「一二人のカエサル」のラインナップ
3 コインと肖像画―古代と現代
4 不完全な「一二人のカエサル」
5 最も有名なカエサルたち
6 風刺、転覆、暗殺
7 カエサルの妻は…疑われてはならない?
8 あとがき

著者等紹介

ビアード,メアリー[ビアード,メアリー] [Beard,Mary]
ケンブリッジ大学古典学教授。専門はローマの歴史と美術。ニューナム・カレッジ特別研究員。英国学士院会員、アメリカ芸術科学アカデミー特別会員。著書に『Pompeii:The Life of Roman Town』(ウルフソン歴史賞)など多数。アストゥリアス皇太子賞受賞、大英帝国勲章(デイム・コマンダーDBE)受勲

森夏樹[モリナツキ]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。