戦時下の日常と子どもたち

個数:

戦時下の日常と子どもたち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月16日 18時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 166p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791774340
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0021

出版社内容情報

戦争は嫌いだ! 怖くて惨めなことばかり。
太平洋戦争敗戦までの約50年、日本は戦争に明け暮れた。戦局の悪化で激変する子どもを取り巻く環境。学童疎開・戦争孤児・学徒動員・教練・差別・イジメ・捨て子・空襲……、勉強はほとんど無し。そしていつも空腹。戦後教育の現場で活躍してきた著者が綴る、これだけは知ってもらいたい「負の歴史遺産」。

内容説明

“戦争は嫌いだ!怖くて惨めなことばかり。”太平洋戦争敗戦までの約50年、日本は戦争に明け暮れた。戦局の悪化で激変する子どもを取り巻く環境。学童疎開・戦争孤児・学徒動員・教練・差別・イジメ・捨て子・空襲…、勉強はほとんど無し。そしていつも空腹。戦後教育の現場で奮闘してきた著者が綴る、これだけは知ってもらいたい「負の歴史遺産」。

目次

学童疎開―疎開先の学童同士の葛藤
軍事教練―配属将校による旧制中学での教練の様子
戦災孤児―戦災で家族全員を失った十二歳の少年のその後
引き揚げ―発疹チフスに罹り、引き揚げ団から捨てられた四歳の少女
ガラスのウサギ―この題名で戦争体験を書いた高木敏子さんにインタヴュー
庶民の生活―徴兵検査、隣組、国民服、敵性語、外食券、代用食
将兵―戦死した若者の遺族に届けられた「戦死報告書」とは
靖国の遺児―一九五二年~五五年『靖国神社遺児参拝文集』を読む
軍法会議―戦中に軍上層部の汚職を暴き「従軍免脱罪」で死刑にされた伍長の記録
短波ラジオ―発明好きの少年が自作の短波ラジオでアメリカの情報を盗聴〔ほか〕