アメリカ保守主義の思想史

個数:

アメリカ保守主義の思想史

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年07月26日 00時10分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 282p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791773220
  • NDC分類 311.4
  • Cコード C0030

出版社内容情報

「トランプ以前」のアメリカをたどる
戦後アメリカの保守主義は、「保守」という呼称に反して、実際にはアメリカ社会の改革をめざす思想だった。それは、共産主義やリベラリズムとは異なる社会改革を模索する思想であり、思想の枠を越えたひとつの運動でもあった。人はどんな社会において、どんなとき、何を守ろうとするのか。オールドライト、反共、ニューライト、ペイリオコン、ネオコン、新しい保守主義、あるいはオルタナ右翼。トランプ以前の戦後アメリカ史に、「保守」の基盤とその再編を読む。

内容説明

戦後アメリカの保守主義は、「保守」という呼称に反して、アメリカ社会の改革をめざす思想だった。オールドライト、ニューライト、ネオコン、ペイリオコン、ナショナル・コンサーヴァティズム、リフォーミコン…。その思想と運動を担った一人ひとりの生涯と、その根底をなす哲学や宗教へと深く分け入り、「トランプ以前」の知られざる戦後アメリカ史を描く。

目次

序章 もうひとつの社会改革思想?
第1章 オールドライトからニューライトへ―バックリー・ジュニアと仲間たち
第2章 ニューライトの思想―融合主義と『ナショナル・レヴュー』誌
第3章 リベラリズムに背いて―ニュークラスの時代とネオコンの誕生
第4章 「新しい保守主義」の源流―社会的保守とシュトラウス学派
第5章 戦後保守主義のほころび―ネオコンvs.ペイリオコン
第6章 トランプに賭ける―傍流の反転攻勢
終章 戦後保守主義再編の選択肢

著者等紹介

井上弘貴[イノウエヒロタカ]
1973年東京都生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程満期退学。博士(政治学)。自治体非正規職員、早稲田大学政治経済学術院助教、テネシー大学歴史学部訪問研究員などを経て、神戸大学国際文化学研究科准教授。専門は、政治理論、公共政策論、アメリカ政治思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。