なぜ時間は存在しないのか

個数:

なぜ時間は存在しないのか

  • ウェブストアに179冊在庫がございます。(2020年02月24日 22時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 530p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791772490
  • NDC分類 421.2
  • Cコード C1040

内容説明

ヘラクレイトス、パルメニデス、ガリレオ、ニュートン、アインシュタインからジョン・ホイーラー、ロジャー・ペンローズ、スティーヴン・ホーキングまでの時間の考え方を俯瞰しアインシュタインの唱えた時空連続体の概念に疑念を投げかけ、現代物理学のパラドックスの一つである相対性理論と量子力学のあいだの隙間を埋め、現代物理学に革命を起こす画期の書。

目次

第1部 単純な語での大きな見取図(最大の謎;タイム・カプセル;無時間の世界)
第2部 目に見えない枠組みと究極の劇場(二者択一的な枠組み;ニュートンの証明;天空の二つの巨大な時計;プラトニアの中のパス)
第3部 一般相対性理論の深部構造(青天の霹靂;魔術師ミンコフスキー;一般相対性理論の発見;一般相対性理論―無時間の概念)
第4部 量子力学と量子宇宙論(量子力学の発見;より小さい謎;より大きな謎;想像の規則;「あのダメだと判定された方程式」)
第5部 無時間宇宙の歴史(無時間の哲学;静的な動力学とタイム・カプセル;隠れている歴史と波束;記録の創造;多くの瞬間の解釈;時間の出現とその矢)

著者等紹介

バーバー,ジュリアン[バーバー,ジュリアン] [Barbour,Julian]
1937年、イギリス生まれ。量子重力理論と科学史の専門家。ケルン大学卒業後、物理学の基礎的な研究に取り組む

川崎秀高[カワサキヒデタカ]
1947年、福岡県生まれ。鹿児島大学理学部物理学科卒業

高良富夫[タカラトミオ]
1952年、沖縄県生まれ。東京工業大学大学院博士課程物理情報工学専攻修了。工学博士。現在、琉球大学名誉教授・(国)沖縄ポリテクカレッジ大学校長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現代物理学に革命を起こす理論の全貌
私たちがまわりで起こっていると感じているものは、時間でなく変化である。時間は存在しない。あるのは無数の宇宙が同時に存在しているだけで、時間は私たちの錯覚にすぎない。ヘラクレイトス、ガリレオ、ニュートン、アインシュタインからロジャー・ペンローズ、スティーヴン・ホーキングまでの時間の考え方を俯瞰し、アインシュタインの唱えた時空連続体の概念に疑念を投げかけ、現代物理学のパラドックスの一つである相対性理論と量子力学のあいだの隙間を埋めた現代物理学に革命を起こす理論の全貌。