弱くある自由へ―自己決定・介護・生死の技術 (増補新版)

個数:

弱くある自由へ―自己決定・介護・生死の技術 (増補新版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年12月02日 01時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 536p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791772261
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C1010

内容説明

安楽死、遺伝子治療、介護保険、臓器移植…生と死をめぐり決断を迫られる私たちは、なにを決定できるのか。「自由」とはなにか、「自己決定」とはなにか、を厳密な論理でつきつめ、自己と他者、個人と国家を再検討し、新しい社会関係の可能性を探る社会学の到達点。

目次

1 空虚な~堅い~緩い・自己決定
2 都合のよい死・屈辱による死―「安楽死」について
3 「そんなので決めないでくれ」と言う―死の自己決定、代理決定について
4 一九七〇年―闘争×遡行の開始
インターミッション 障害者運動に賭けられたもの―市野川容孝との対話
5 生命の科学・技術と社会:覚え書き
6 未知による連帯の限界―遺伝子検査と保険
7 遠離・遭遇―介助について
8 闘争と遡行
9 高橋修一九四八~一九九九

著者等紹介

立岩真也[タテイワシンヤ]
1960年生まれ。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。社会学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

立岩社会学の出発点にして到達点、大増補復刊!
安楽死、遺伝子治療、介護保険、臓器移植……生と死をめぐり決断を迫られる私たちは、なにを決定できるのか。「自由」とはなにか、「自己決定」とはなにかを厳密な論理で追いつめ、自己と他者、個人と国家を再検討し、新しい社会関係の可能性を探る、医療と病理をめぐる社会学の決定版。大幅増補し、ついに復刊。