アイヌ人物誌―『近世蝦夷人物誌』 (新版)

個数:

アイヌ人物誌―『近世蝦夷人物誌』 (新版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年10月21日 05時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 365p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791770960
  • NDC分類 281.1
  • Cコード C0039

目次

近世蝦夷人物誌・初編(兄弟の豪勇、兄イコトエ・弟カニクシランケ;副酋長リクニンリキ;三女の困窮、ヤエコエレ婆・ヒルシエ婆・ヤエレシカレめのこ ほか)
近世蝦夷人物誌・弐編(百歳翁イタキシリ;孝子クメロク;怪童イキツカ ほか)
近世蝦夷人物誌・参編(孝子イカシアツ;烈女カトワンテ;感心な少年エトメチユイ ほか)

著者等紹介

松浦武四郎[マツウラタケシロウ]
1818年‐1888年。江戸末期の北方探検家。伊勢国一志郡須川村(三重県松阪市小野江町)の郷士松浦桂介の四男。1845年(弘化2年)から1858年(安政5年)まで六回にわたり、東西蝦夷地(北海道)、北蝦夷地(サハリン)、国後、択捉を探検。1869年(明治2年)に開拓判官となり、北海道名や国郡名を選定したが、政府のアイヌ政策を批判して翌年辞任した

更科源蔵[サラシナゲンゾウ]
1904年生まれ。アイヌ文化研究家、作家、詩人。1985年没

吉田豊[ヨシダユタカ]
1927年生まれ。作家。2010年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

原日本人からのメッセージ
アイヌ民族が日本人からどのような立場に置かれていたのか。時の為政者によって当時は出版禁止。アイヌの誠実にして剛毅な生き方を丹念に記録し続けた稀有な日本人によるヒューマンドキュメント。
2019年春、松本潤が松浦武四郎役でNHKドラマ化決定!!

松浦武四郎[マツウラタケシロウ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件