工学部ヒラノ教授の介護日誌

個数:

工学部ヒラノ教授の介護日誌

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月14日 21時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791769117
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

子育ても一段落、これからは夫婦の充実した時間が待っている。そう思っていた矢先、妻の突然の発病。病院通いのストレス、仕事と介護の両立、在宅介護と施設介護、制度変更に翻弄される日々、確実に衰えていく妻。老いた夫は何を考え、どのように行動したのか。絶望と希望のあいだを揺れ動く、19年におよぶ老老介護の記録。

目次

第1部 在宅介護(嵐の前;心室頻拍;もう一つの難病;終了計画;五連拍;要介護度二;不運な娘;要介護度三;要介護度四;シティ・ホテルとビジネス・ホテル)
第2部 施設介護(収容所;大腸憩室;思いもよらない言葉;介護付き有料老人ホームの実態;誤嚥性肺炎;病院付属の介護施設;三・一一大地震;二〇一一・四・三;後悔)

著者等紹介

今野浩[コンノヒロシ]
1940年生まれ。専門はORと金融工学。東京大学工学部卒業、スタンフォード大学OR学科修了。Ph.D.、工学博士。筑波大学助教授、東京工業大学教授、中央大学教授、日本OR学会会長を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

bianca

36
ヒラノ教授本は過去に2冊ほど読んだ。その中では僅かに奥様の介護生活の話が出てきただけだったのだが、教授生活晩年の19年間はまさに介護中心の超多忙な日々を過ごしていたヒラノ、いえ今野教授。奥様は心臓が悪いうえ、脊椎小脳変性症という遺伝性の難病を発症(しかも後に娘さんまで同様に発症)。家族皆が相当に辛い日々過ごしていた。思わず手をあげてしまったことまで、包み隠さず記録されているが、実は教授が奥様を介助しているようで、奥様が生き長らえることが、教授の寿命を支えていたことに気付かされる。涙なしには読めなかった。2017/10/10

なにょう

33
なんか地味な表紙だし、介護の話だし読むのやめようかなとも思ったが、読んで大正解だった。なるほど、著者は教授であり、時間もお金もある。しかし、一番すごいのは体力・気力、とにかくパワーがすごい。年中無休で朝4時とかから起き出して、学校、施設回って、よくぶっ倒れなかったな。(流石に一回は入院してる)よくこんなに働けるものだな。★本書ではじわじわと身体が弱る神経難病の介護がテーマだ。詳細で読みごたえがある。今年、ベストの書物かもしれない。2017/11/19

れんこ

12
好きなヒラノ教授シリーズ。ご家族の立場からの介護についてはとても参考にもなりました。2016/08/16

Miko

11
50才で奥さんが発病してから19年に及ぶ介護の大変さが綴られ私も夫と二人の生活なので考えさせられた。70才まで現役で仕事しながら介護をしてたのは凄い。でも介護だけの生活より違う時間が救いになったのかも。同じ病に倒れた娘さんのヒラノ教授に対する不満は思い通りにさせてもらえなかった気持ちなんだろう。金銭的に安定して上の学校に行かせてもらっただけで感謝だろうに。母親が倒れた時に父は病室さえ一人で入れなかったことを思えば幸せな奥さんだったと思う。でも暴力はいけない。夫婦が元気な今は幸せです。2020/05/30

なな

8
なんで読もうと思ったのか…新聞に広告が載ってたのかな?工学部教授が奥様の介護をする話。19年もの長い間少しずつ悪くなっていく奥様の様子、受け入れ施設や入院した時の事、自分の老いなどを冷静に記してあります。ずっとずっと側にいたい、いて欲しいって気持ちを持てる人と出会えるって素敵な事。 それにしても、工学博士の今野さん、専門はORと金融工学ってあります。金融と工学が全く結びつかないし、ORってなんだろ?って想像すらできない分野。2016/04/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10403276

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。