生きられたニュータウン―未来空間の哲学

個数:

生きられたニュータウン―未来空間の哲学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月04日 02時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791769001
  • NDC分類 361.78
  • Cコード C0010

出版社内容情報

ニュータウンから、近代の問いへと向かう。進歩と成長の時代にうまれた千里ニュータウンや湘南ライフタウンは、いまや老朽化が進み、荒廃しつつある。ニュータウンの終末以後、わたしたちは、どのような生活のための空間を創出し、生きることができるのか。本書は、この問いをめぐって、哲学、建築思想、文学などから示唆を得つつ、哲学的な考察を試みる。自らもニュータウンで生まれ育った気鋭の思想家による、今後の都市の生活空間の展望を開く画期の書。

内容説明

進歩と成長の時代にうまれた千里ニュータウン湘南ライフタウン。いまや老朽化が進み、壊れゆく世界となったその場所で、わたしたちは、どのような生活のための空間を創出し、生きることができるのか。自らもニュータウンで生まれ育った気鋭の思想家による、まったく新しい都市の生活空間論。

目次

第1部(生きられたニュータウン;ニュータウンと自然;人工・超都市・集団性)
第2部(人工都市の空間;空間の静謐/静謐の空間)
第3部(巨大都市化と空間秩序;崩壊のふるまい/ふるまいの崩壊;ニュータウンの果て)
第4部(都市の物語 箱、錯綜、混淆;静かな都市)

著者等紹介

篠原雅武[シノハラマサタケ]
1975年神奈川県生まれ。専門は哲学、都市と空間の思想史。1999年京都大学総合人間学部卒業。2007年京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。現在、大阪大学大学院国際公共政策研究科特任准教授。2016年に開催されるヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館制作委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

浅香山三郎

10
テーマが面白いと思つて入手したものの、余り深くは頭には入らず。著者の参照する哲学者たちや安部公房の小説に親しんでゐないからだらう。本書のやうな哲学的なアプローチぢやなくて、社会学的なアプローチから、具体的にニュータウンの問題を析出するやうなものが自分には合つてゐるのだらう。建築家の理論的な都市計画に関する考へ方を頭に入れるとまう少し分かるやうになるかも知れない。2016/12/17

カイロス時間

5
ニュータウンでは多くの人が生活している。にもかかわらず、そこには停滞した時間や空虚な雰囲気といった現実感のなさが漂っている。この奇妙な食い違いは何なのか?という疑問を「空間」という観点から思考する書。空間は客体性をもち外在しているという論に立脚し、ニュータウンの空間性と人々の生活の関わりを探っていく。ニュータウン育ちと思われる著者が自ら感じたニュータウンの気配や雰囲気が下敷きになっているが、その感覚がいまいち掴みにくかった。最後の荒廃うんぬんはニュータウン以外にも応用できそうで、広げたところを見てみたい。2020/05/16

Squatter

2
めっちゃ面白かった。今まで:民家=生(伝統的な暮らし)↔︎ニュータウン=死 これに対してニュータウンも「生きられた」空間ではという疑問から空間論を展開させる。空間とは外在するもので、人が生活することによって生成されるものと捉える。その点で(生活はされてるけど)無機質で動きがないとされるニュータウンは生成が停止しているものだと。死の空間(反・空間)ではないと。ただ生成が停止すると生活が悪化してしまう(cf.ガタリ)からハウスインニュータウンみたいな境界領域から新たにリゾーム状の内部外部を作れればみたいな2016/11/23

しんしん

1
難解にも感じたが、何度か読み返しながら思考を繰り返した。 建築や街づくりの事例もあり、個人的には馴染みやすいなと感じました。 ティモシーモートンの『自然なきエコロジー』からこの本に流れるように読み継ぎをした状況。2021/12/31

yokkoishotaro

1
思った以上に難解。建築系の知識も必要。安部公房はフォローしてたからどうにかなったが、なかなか読んでて腑に落ちる感はなかった。"地方"のニュータウン出身の自分としては考えることが多かった。どうなんだろう、まだまだ色々考えられそうな分野だなと読みながらふけっていた。2016/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10129256

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。