精神病院体制の終わり―認知症の時代に

個数:

精神病院体制の終わり―認知症の時代に

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月01日 05時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 408,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791768882
  • NDC分類 498.16
  • Cコード C0030

出版社内容情報

認知症の時代に精神病院体制を終わらせる。誰もが憂い批判する精神病院の現状。しかし、この「悪」が相も変わらず存在しつづけているのはなぜか。精神病者の収容から地域移行、認知症者の取り込みと安楽死、病棟転換型居住系施設まで、半世紀にわたる国策と精神病院の活動、そしてこの社会の思惑を精査することで、~精神病院を「やめられない」構造を抉り出す。そしてその構造を「終わらせる」真の改革のための提言へ。

内容説明

この「悪」が相も変わらず存在しつづけているのはなぜか。半世紀にわたる行政の術策と精神医療従事者の活動―精神病者の収容から地域移行、認知症者の取り込みと安楽死、病棟転換型居住系施設まで、この社会の思惑を精査し、精神病院を「やめられない」構造を抉り出す。その構造を「終わらせる」真の改革のための提言へ。

目次

第1部(陰鬱な現況と述べること予め;京都十全会―告発されたが延命したことから言う;地域移行・相談支援;認知症→精神病院&安楽死、から逃れる)
第2部(話したこと等;病院化についての覚書;ブックガイド)

著者等紹介

立岩真也[タテイワシンヤ]
1960年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。社会学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はすのこ

2
純粋に面白くない。2016/01/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9889217

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。