美しい日本語

個数:

美しい日本語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月07日 18時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791768165
  • NDC分類 810.4
  • Cコード C0095

内容説明

語り継ぎたい詩歌の名品から、口ずさむ唱歌や日常の手紙まで、日本語表現で展開する四季の風景をめぐる。文体論・表現研究の第一人者の案内で、日本語の抒情を満喫するぜいたくな時間。

目次

第1章 日本語の四季―落葉の下から水仙が伸びている古い町
第2章 春のひかり―ちぐはぐの下駄から春が
第3章 夏のみどり―洟もわかばを映しけり
第4章 秋澄む―取り残されし窓の月
第5章 冬冴ゆる―喰ひつきさうな鬼瓦
第6章 日本語の絶唱―風は清し月はさやけし
第7章 珠玉の名文フラッシュ―秋の夕陽の中で静かに熟れて行こう

著者等紹介

中村明[ナカムラアキラ]
1935年山形県鶴岡市生まれ。国立国語研究所室長、成蹊大学教授を経て、母校の早稲田大学教授となり、現在は名誉教授。高校国語教科書(明治書院)統括委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yukioninaite

1
俳句のオンパレードに、流行歌から寮歌までと「歌」づくしの本。久保田万太郎の「木の葉髪泣くがいやさにわらひけり」は身にしみる。「湯豆腐やいのちのはてのうすあかり」もいい。一句読んでみるか「オヤジとて 写経に紅さす 初茜」2016/01/12

たかさん

0
作家作品の文章引用が多く、四季の名文句名場面、小説の名書き出しなど読書歴には感嘆するがその解説だけと思われ迫力、重みがなく物足らない。2015/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8310737

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。