あのころ、僕たちは日本の未来を真剣に考えていた

個数:

あのころ、僕たちは日本の未来を真剣に考えていた

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月23日 08時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791767762
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

「安倍晋太郎を総理にしたいのです」ある日、かかってきた一本の電話が運命の歯車をまわす。そうしてはじまった極秘の一大プロジェクトは、さまざまな人間の思惑と人生を飲み込みながら、誰も予期しなかった結末へと向かっていく。日本の未来について、たくさんの人が想いを馳せていた時代の真実の記録。

目次

総理主席秘書官
明治百年記念懸賞論文
スピーチ・ライター
一流の論客たち
産業政策と国際関係
政権構想
スーパースター
NSK勉強会
外務省飯倉公館
ニュー・グロウス
前夜
ターニング・ポイント
一九八八年
風と共に去りぬ

著者等紹介

今野浩[コンノヒロシ]
1940年生まれ。専門はORと金融工学。東京大学工学部卒業、スタンフォード大学OR学科修了。Ph.D.工学博士。筑波大学助教授、東京工業大学教授、中央大学教授、日本OR学会会長を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。