工学部ヒラノ名誉教授の告白―エンジニアが「物書き」になったワケ

個数:

工学部ヒラノ名誉教授の告白―エンジニアが「物書き」になったワケ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 21時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791767267
  • NDC分類 377.21
  • Cコード C0095

内容説明

冒険小説を読み漁り、父の影響で映画を観まくり、英文学者にあこがれていた少年。彼はさまざまなプレッシャーのなかエンジニアへの道を進み、そうして一掴みのチャンスをものにして一流の研究者になった。しかし、彼は研究者生活を終えたあと、突然に工学部の「語り部」なることを決意する―。いま明かされる「工学部ヒラノ教授」の秘密。

目次

定年退職
エンジニアに向かない少年
工学部に紛れ込んだ青年
研究者への道
研究者の寿命
「工学部の語り部」の誕生
収容所生活
大震災と妻の死
『終わりのない物語』
ノンフィクションからセミ・フィクションに
名誉教授の独居生活
語り部の評判
大学の危機と語り部の提言
工学部の語り部の役割

著者等紹介

今野浩[コンノヒロシ]
1940年生まれ。専門はORと金融工学。東京大学工学部応用物理学科卒業、スタンフォード大学大学院オペレーションズ・リサーチ学科修了。Ph.D.工学博士。筑波大学電子・情報工学系助教授、東京工業大学大学院社会理工学研究科教授、中央大学理工学部経営システム工学科教授を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hatagi59

3
先生のイメージが、どんどん変わってくるなぁ・・・。 書評を結構気にされていて、Honzメンバーの名前が出てきた時には驚いた。 それよりも、大学への提言は、ご尤もな感じ。特に教授の能力、得意分野に応じて、力を入れてもらうタスクを分けて、結果を出していくという点。 組織のマネージメント、大学関連の業務が不得手な人で、研究、教育能力が抜群に高い人には、そういうのはやってもらわずに、得意なところに注力して貰った方がいいよな。 悪平等が蔓延っていると、優秀な人からいなくなってしまうよね・・・。2016/02/03

いっちょらるれ~

3
確かに1990年代大学は毎日行くところではないらしいと思っていました。理系の弟二人が毎日大学に行くのを見て「あれ、大学って毎日行くの?」と不思議に感じたのを覚えています。そして、次女が工学部に通う今(駅弁大学ですが)もっと早く今野先生の本を読んでいれば・・・と思うのです。2013/11/02

takao

2
ちょっとした、回想話。同じ話を繰り返し書いているのは、1冊しか買わない読書のため。2017/08/23

takataka

2
ブックファーストでたまたま見つけて、図書館で借りてきました。ヒラノ教授スミマセン・・・ ヒラノ教授の生い立ちから、執筆現在までのヒラノ教授の変遷が分かります。ちょうど新潮文庫でも刊で出ましたね。パラパラのぞいてみるとSTAP細胞についてという項目がありました。文庫用に書き下ろしたのかな?2014/12/28

ご〜ちゃん

2
「大学教授は、本を読んでいるだけで尊敬されるいい職業だ」という勘違い。本を読むのが趣味の少年が、そのまま結果として大学教授になったということ。淡々と書かれた文章だが、とても読みやすく面白い。2014/02/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7321522
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。