ヒロシマ独立論

個数:

ヒロシマ独立論

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791763450
  • NDC分類 361.78
  • Cコード C0036

内容説明

国家に簒奪されたヒロシマを取り戻すために、この地に生まれ育った著者が、長らく離れていた故郷に戻り、都市そのもののもつ記憶を求めて歩く。生まれも国籍も問わずあらゆる人と出会い、土地の変貌と不変に触れ、過去と現在を凝視しながら、すべての人びとに開かれた真の“都市”を構想する。

目次

帰郷―甦るヒロシマ
軍都―呉・広を歩く
廃墟―基町を歩く
復興―広島市民球場周辺を歩く
産業―旧市街を宇品港へ歩く
移民―海田を歩く
安全―矢野を歩く
教育―ふたたび旧市街を歩く
映画―比治山を歩く。そして東京南部へ
音楽―海をわたり南へ旅する
死者―広島平和公園を歩く
正義と平和のための独立空間ヒロシマ―独立宣言及び憲法私試案

著者等紹介

東琢磨[ヒガシタクマ]
1964年広島県生まれ。音楽評論家。2005年に本拠を東京から故郷広島に移してからも、ヒロシマ平和映画祭実行委員、連続ティーチ・イン沖縄実行委員、成蹊大学講師などを勤め、日本中を飛び回っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

“広島”という都市の歴史と具体性から出発しながら、国境を超える人々に開かれた真の〈都市〉を構想する21世紀都市論。