アビ・ヴァールブルク 記憶の迷宮

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 397p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784791759187
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C1010

内容説明

図像表現の細部に宿るパトスを一身に受けとめた美術史家アビ・ヴァールブルク。その妄想と錯乱を孕んだ思考のただなかに沸騰する情念の論理を精緻に解読し、20世紀思想史の未踏の領野を照らしだす輝かしい力作。

目次

第1部 両極性―1908‐1923(棄教者として;星辰の魔神たち;クロイツリンゲン、地獄篇;蛇儀礼講演)
第2部 情念―1886‐1907(ヴィーナスたち;ニンフ=グラディーヴァ;初期ルネサンス人たちの肖像;イメージの病理学)
第3部 記憶―1924‐1929(記憶劇場のドラマトゥルギー;よみがえる異教の熱狂―図像アトラス「ムネモシュネ」(一)
ヨーロッパ文化の夢分析―図像アトラス「ムネモシュネ」(二)
ヴァールブルクのダイモン)

著者紹介

田中純[タナカジュン]
1960年生まれ。現在、東京大学大学院助教授。専攻は表象文化論、ドイツ文化研究。近代建築史、都市論、美術史、写真論、文学、現代思想を横断する脱領域的知性の持ち主