オスカー・ワイルド―長くて、美しい自殺

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 381p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791758678
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C1098

内容説明

『サロメ』『幸福な王子』から『獄中記』まで世紀末文学の精華に、ワイルドは己れの未来を予見し物語化を計った―。運命のシナリオの如く作品世界を実生活で演じきり、人生の絶頂と奈落を生き抜いたワイルドの真実とは。精神分析的手法を駆使した画期的な世紀末芸術論。

目次

第1章 『サロメ』―ワイルドの人生の終焉と、その発端において
第2章 病気とインスピレーション
第3章 手紙のなかのワイルド
第4章 『まじめが肝心』の弁証法
第5章 『獄中記』致し方のない死

著者等紹介

ノックス,メリッサ[Knox,Melissa]
1957年生まれ。米ニュージャージー州、セント・ピータース大学助教授。英文学研究。現在アナイス・ニン論を準備中

玉井〓[タマイアキラ]
1946年生まれ。大阪大学大学院修士課程修了。現在、大阪大学文学部英文科教授。著書に『トーマス・ハーディと世紀末』『批評の現在』ほか
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Ikue

2
オスカーワイルドの作品はどれも好きだけど、一番は『ドリアングレイの肖像』かな2015/06/20

四ツ谷

1
自分が絵を見るようになったのがオスカー・ワイルドがきっかけで、それに影響された太宰治とか読むようになった。芸術はあなたにとって全くの無用なものなのです。花自身が咲くことと人が花を愛でることは全く関係ない。作品の誤解によって芸術は評価される。誤解して芸術を楽しみたい。芸術論の一冊。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/284212

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。