死を処方する

死を処方する

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 351,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791756995
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0000

内容説明

医師は死を介助してはならないのか。安楽死を望む末期患者に自ら薬物を注射した医師の末期医療論。

目次

処刑、七月十三日
その時、実際に起こっていたこと
ある理念の復活
宣告される死の種類
最善の処刑法
サクラメントからの凶報
死刑囚監房の声
「まるでサーカスの曲芸だ!」―ある「生体実験」のエピソード
「ヒポクラテスの誓い」ならぬ―「偽善的な馬鹿ども」
日の下に新しきものは無し―死刑囚と医学の関係小史〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紫苑

1
ずいぶん前に読んだ本。自殺幇助活動で医師免許を剥奪された「死の医師(Dr.Death)」の著書。積極的安楽死をどう考えるか。献体や臓器提供についても触れられていたと記憶している。再読してみたい。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/657603

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。