現代思想 〈2022 6(vol.50-7〉 特集:肉食主義を考える

個数:

現代思想 〈2022 6(vol.50-7〉 特集:肉食主義を考える

  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 青土社(2022/05発売)
  • ポイント 15pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 12時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ キク判/ページ数 238p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784791714315
  • NDC分類 105
  • Cコード C9410

出版社内容情報

前世紀の終わりに肉食の問題は動物実験や工業畜産を背景に、動物の解放ないし動物の権利の問題として論じられた。しかし最近では「肉食主義」という概念に基づく議論が注目を集め、また環境主義的菜食主義の登場や培養肉の開発など、状況は大きく変わりつつある。本特集では〈肉を食べること〉の行方を問う。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

田蛙澄

0
冒頭で伊勢田さんが言及してた無用な殺生を忌む供養の倫理ならば、天から降ってきたような西洋的動物倫理よりも自然に日本人に受け入れられる倫理を構築できるのではというのは興味深い。中盤のフランス思想的文体の問題提起や解決案が茫洋とした論考は微妙だったが、前半の培養肉についての問題点などはなかなか面白かったし、後半の肉食の人類学的な考察による、単に肉食/菜食で割り切れない位相についての話は考える価値がある。 ジョイが話す人々のペットと肉食の矛盾的動物観はむしろ人間が矛盾的思考を存外気にしない傾向性を意味するのでは2022/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19757531

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。