現代思想 〈2017 8(第45巻15号)〉 「コミュ障」の時代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ キク判/ページ数 232p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784791713493
  • NDC分類 105
  • Cコード C9410

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

32
平田オリザ「演劇を教える/学ぶ社会」で、会話=価値観や生活習慣も近しい者同士のおしゃべり。対話=あまり親しくない人同士の価値観や情報の交換(39頁)。武田砂鉄「コミュニケーションを『能力』で問うな」で、コミュニケーションなんてものは、そもそも自分と誰かの「能力」で測られるものなのだろうか(73頁下段)と疑義を呈する。この国のコミュ能力って、正直、主体性・積極性を持たないことによって最高値に持っていくことができる。チャレンジ精神と協調って、本来、同列にはできまい。協調を避けるところからチャレンジが始まる2017/11/01

Teslx

4
ある所に2人の自己愛の社交不安がいました。2人は不満をすぐに発散しませんでした。1人は無駄な反感を買いました。1人は根に持ち、間接的に攻撃しました。2人は負の感情を小出しにします……自己愛の社交不安同士が近くにいて楽しいわけないだろ!少しは考えてから近づけよ!こんな時はバカブロックしかない! (茶番) というわけで、今回読んだのは『コミュニケーションにおける闇と超越』『コミュニケーションを「能力」で問うな』『コミュニケーション社会における、「コミュ障」文化という居場所』。特に私に有益だと思った記述は、2018/04/18

ずー

4
ここにおける「コミュ障」は、"普通"に生きられない人を幅広く指す概念だと思う。アーレントのいう「心の闇」にまつわる話が、以前から思っていた違和感が言語化された感があって興味深かった。就活で志望動機を語ることがなんだか本質的でないと感じていたのはこういうことだったんだなーと気づいた。明快な論理で説明される物事や、"普通"に生きられる人しか存在を許されない世界、無理だな2017/11/06

たかたか

1
多分、これはコミュ障がテーマだという前提が自分の中で強かったこともあるが、平田オリザのインタビューには違和感確かに、演劇というものを教育に活かしていこうとするとそうなるけど。國分氏と千葉氏の対談は、これだけでも1冊分の価値があり。ポピュリズムでもなく、ポリティカリーコレクトでもなく、というところでのコミュニケーションができない(その意味でマジョリティはコミュ障と言える!?)ことで生まれる、つらさ。武田砂鉄の論考もおもしろい。他にも盛りだくさん2018/03/05

yokkoishotaro

1
実際コミュニケーションで苦しんでいる人が近くにいる。いたって人間的なのに。 越えるべき(もしくは除去すべき)壁は大きいものだと思った。多角的に分析されていると思うけれど、それによって壁の大きさが際立った印象を受けた。2017/12/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12137403

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。