現代思想 〈第45巻第6号〉 特集:社会学の未来

個数:

現代思想 〈第45巻第6号〉 特集:社会学の未来

  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 青土社(2017/02発売)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月12日 18時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ キク判/高さ 23cm
  • 商品コード 9784791713400
  • NDC分類 105
  • Cコード C9410

出版社内容情報

社会学への期待や関心が高まるいま、その知のポテンシャルを再提示する特集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

33
桜井厚先生は、構築主義から学んだこととして、言語問題のみならず、社会問題構築のときには、調査者はHowを見る、社会問題がどのように構築されていくかを見るべきだという(74頁上段)。倉石一郎先生は、「蟷螂の斧をふりかざす」で、岸正彦先生は、生活史調査(生活史研究)の定義として、個人の語りに立脚した、総合的な社会調査である。それは、ある社会問題や歴史的事件の当事者や関係者によって語られた人生の経験の語りを、マクロな歴史と社会構造とに結びつける。語りを「歴史と構造」に結びつけ、2017/06/18

ロラン

6
『社会学の未来』が特集されるということは、社会学の現在が混沌としていることの裏返しであるのかもしれない、と思う。すなわち、混沌としている現状があるからこそ、様々な未来の形を展望することができるということだろう。私は普段『現代思想』を購入してまで読もうと思うことはないのだが、今回ばかりは執筆者の人選に惹かれた。気鋭の、旬な学者ばかりを集めているではないか。現段階で「読了」したわけではない。気になるページから、興味の赴くままに読み進めていこうと思う。2017/03/14

so035

1
吉川・浅野討論、筒井論文、太郎丸論文を読む。個体の異質性にどう取り組むか(「若者」は一様ではない)。2017/03/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11575836

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。