強迫性障害(OCD)に“NO”を言おう―本人・家族向けのやさしい認知行動療法でハッピーライフを取り返す

個数:

強迫性障害(OCD)に“NO”を言おう―本人・家族向けのやさしい認知行動療法でハッピーライフを取り返す

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月02日 22時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 482p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791110902
  • NDC分類 493.74
  • Cコード C0011

内容説明

強迫症/強迫性障害(OCD)に苦しむお子さんとご家族に。マーチ先生の8つのステップでOCDを克服する実践プログラム。お子さんは自分の力でOCDに抵抗し打ち克つテクニックを、ご家族はお子さんを支えるコツを、それぞれ身につけることができます。ステップごとに強くなる!OCDに邪魔されない人生を取り戻そう!

目次

1 OCDは性格の問題ではありません―ご本人とご家族のためのOCDの新しい見方(OCDとは何でしょう?;OCDはどのように見えるものなのでしょうか?;どうしてOCDは起こるのでしょうか?;OCDの治療方法とは?)
2 強迫観念と強迫行為を取り除くための8つのステップ(これはどんな治療法なの?;OCDに“No”を言いましょう;OCD観察マップをつくりましょう;作戦を準備万端にしましょう;抵抗を開始しましょう;これからは皆さんがリーダーです;OCDを完全撤退させましょう;OCDを永久追放にしましょう)

著者等紹介

マーチ,ジョン・S.[マーチ,ジョンS.] [March,John S.]
デューク大学医療センター(Duke University Medical Center)児童青年精神医学部門のチーフ(2007年執筆当時)。米国国立精神衛生研究所(National Institute of Mental Health)で子どもの強迫性障害治療(OCD)を研究し、認知行動療法、薬物療法、そして両者を組み合わせた治療の効果を比較する研究を行った。専門家向けの数々の書籍を執筆し、OCDおよびその他の不安、気分障害を持つ子どもに対する治療法の確立と普及に貢献している。診療の傍ら、マーチ博士メンタルヘルスの専門家の育成にも積極的に取り組んでいる。ノースカリフォルニアのダラス在住

ベントン,クリスティーン・M.[ベントン,クリスティーンM.] [Benton,Christine M.]
心理学、セルフケア、消費者保健問題、およびその他の主題に関する書籍の執筆者兼編集者として25年以上にわたる経験を有する

宍倉久里江[シシクラクリエ]
山梨医科大学(現・山梨大学)卒業、北里大学大学院医療系研究科臨床医科学群精神科学卒業。精神保健指定医、医学博士、日本精神神経学会認定精神科専門医および指導医、全国精神保健福祉センター長会常任理事。平成6年昭和大学精神科研修医。平成8年昭和大学東病院にて強迫性障害専門外来を開始。平成14年昭和大学精神科助手、同上。平成16年北里大学精神科助手、児童精神科外来および強迫性障害専門外来を担当。平成21年成瀬メンタルクリニック院長、併設するカウンセリングオフィス成瀬にて認知行動療法を取り入れた相談支援を実施。平成26年相模原市精神保健福祉センター所長、未受診者も対象として不安・強迫性障害相談(不安対処スキルアップセミナー)を実施中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いぬあたま

4
仕事のために読了。強迫性障害を自力で治す、本格的な認知行動療法プログラム。親子で読む想定で書かれているが、過去に認知行動療法がうまくやれなかった大人の当事者が自分ひとりで再チャレンジするためにも参考になると思う。前半が基礎知識、後半が実践編。難しすぎない課題を選ぶことがコツで、時々やれていたことを毎回やれるようになるまで繰り返し練習することで力がつき、普通の生活を送れるようになっていくというもの。家族や教師などが巻き込まれずにサポートするためにもかなり役立つだろう。2022/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19200501
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。