教えて!ラス・ハリス先生 ACTがわかるQ&A

個数:

教えて!ラス・ハリス先生 ACTがわかるQ&A

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2020年07月11日 10時41分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 360p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791110520
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0011

内容説明

ACT実践家が聞きたい、知りたい!困ったこと、悩むこと…ラス・ハリス先生が150の疑問を解決!ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)の教科書を読んでもわからない疑問に遭遇したり、実践するなかでつまずいたりしたときにセラピストの助けとなる一冊。ACTのスキルと知識をレベルアップ!誰にでも、いつでも、どこでも使えるシンプルなツール「チョイスポイント」についての解説も必見!

目次

チョイスポイントをちょいとやってみない?―とっても役立つ「チョイスポイント」の紹介
まいっちゃうマインドフルネス―みんなが抱く「マインドフルネス」に対する誤解と謎とは
ごっついゴール―セラピーの「ゴール」を作るときの問題とは
ハンパないバリア―ACTに現れる「バリア」を乗り越え、ラポールを作り、同意を得る
キテレツな機能分析―「ABC分析」とセラピーでの活用法
ガチガチな価値―価値同士の葛藤、凝り固まったルール、「価値なんてありません」など
イカレた碇―深刻なフュージョンへの最も強力で効果的な介入法
想像できない創造的絶望―最も誤解されるACTのプロセスと、そこで起こっている不運と思い違いとは
ダーティな脱フュージョン―「脱フュージョン」がうまくいかなかったり裏目に出たりするような無数の振る舞いとそこから立ち直る方法
魅せるセルフ・コンパッション―「セルフ・コンパッション」のいろは
コントンとした構造―ACTに取り組むなかで起こる混乱と障害とは?
みみっちいモチベーション―ホームワーク恐怖、「私にはモチベーションがありません」、などコミットされた行為にみられるバリア
けっこうな結果―失敗する可能性があるものは必ず失敗する、そこで重要な「結果」をもたらすには?
こんにゃく問答的な「文脈としての自己」―みんなが抱く「文脈としての自己」に対する誤解とは?
エグいエクスポージャー―ACT的「エクスポージャー」のいろは
悪戦苦闘のアクセプタンス―「アクセプタンス」と「ウィリングネス」によくある問題と落とし穴

著者等紹介

ハリス,ラス[ハリス,ラス] [Harris,Russ]
医師、心理療法家であり、国際的に評価されているアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)のトレーナーである。オーストラリアのメルボルンに住み、実践に携わっている

武藤崇[ムトウタカシ]
埼玉県生まれ。公認心理師・臨床心理士。1992年に筑波大学第二学群人間学類を卒業、1998年に筑波大学大学院心身障害学研究科修了(博士(心身障害学):筑波大学)。筑波大学心身障害学系技官・助手(1998~2001年)、立命館大学文学部助教授・准教授(2001~2010年)を経て、2010年より同志社大学心理学部教授。ACBS(The Association for Contextual Behavioral Science)の日本支部である「ACT Japan」の代表(2010~2014年)を務めた。また、ネバダ大学リノ校客員研究教授として、S・C・ヘイズ博士の研究室に所属(2007~2008年)。2016年にACBSのフェロー(特別会員)となる

大屋藍子[オオヤアイコ]
福岡県生まれ。公認心理師・臨床心理士。2009年に立命館大学文学部卒業、2011年に九州大学大学院人間環境学府修了(臨床心理修士(専門職):九州大学)、2015年に同志社大学大学院心理学研究科修了(博士(心理学):同志社大学)。同志社大学心理学部嘱託講師、豊郷病院精神科非常勤臨床心理士、田辺メンタルクリニック非常勤臨床心理士、神戸学院大学人文学部講師等を経て、現在、国立循環器病研究センター糖尿病・脂質代謝内科非常勤臨床心理士(2015年~現在)、および同志社大学心理学部助教(2018年~現在)

茂本由紀[シゲモトユキ]
兵庫県生まれ。公認心理師・臨床心理士。2011年に立命館大学文学部卒業、2013年に同志社大学大学院心理学研究科博士前期課程修了(修士(心理学):同志社大学)。2016年~2017年に日本学術振興会特別研究員。2018年に同志社大学大学院心理学研究科博士後期課程修了(博士(心理学):同志社大学)。現在、田辺メンタルクリニック非常勤臨床心理士(2017年~現在)、梅花女子大学心理教育総合相談センター嘱託相談員(2019年~現在)、佛教大学大学院生へのSV指導(2019年~現在)。京都文教大学臨床心理学部臨床心理学科講師(2018年~現在)

嶋大樹[シマタイキ]
岐阜県生まれ。公認心理師・臨床心理士。2013年に早稲田大学人間科学部卒業、2015年に早稲田大学大学院人間科学研究科修了(修士(人間科学):早稲田大学)、2018年に早稲田大学大学院人間科学研究科修了(博士(人間科学):早稲田大学)。日本学術振興会特別研究員、綾瀬駅前診療所非常勤臨床心理士等を経て、現在、同志社大学心理学部助教(2019年~現在)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。