精神科とは無縁と思っていたあなたが困ったときに精神科を味方につけるための本―こころの病への適切な対応がわかる14の短編小説集

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

精神科とは無縁と思っていたあなたが困ったときに精神科を味方につけるための本―こころの病への適切な対応がわかる14の短編小説集

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791110421
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0047

内容説明

ベテラン精神科医4名が書き下ろす、統合失調症、うつ病、アルコール依存症、認知症など様々な精神疾患の発症から受診、治療、リハビリを経て社会復帰に至る物語。“精神科”のハードルを下げ、受診の契機や回復への道程を照らす希望の灯となる短編小説集。

著者等紹介

寺尾岳[テラオタケシ]
1985年産業医科大学医学部卒業。1989年産業医科大学医学部精神医学教室助手。1993年日立製作所日立健康管理センターへ派遣(1年間)。1995年産業医科大学医学部精神医学教室講師。1999年英国オックスフォード大学医学部精神医学講座へ留学(1年間)。2000年産業医科大学医学部精神医学教室助教授。2004年大分大学医学部精神神経医学講座教授

井上幸紀[イノウエコウキ]
1987年大阪市立大学医学部卒業。1993年大阪市立大学医学部神経精神医学教室助手。1998年大阪市立大学医学部神経精神医学教室講師。2000年Scripps研究所(CA、USA)留学。訪問研究員(1年間)。2001年Scripps研究所客員准教授(2年3ヵ月)。2003年大阪市立大学医学部神経精神医学教室助教授。2012年大阪市立大学大学院医学研究科神経精神医学教授

松永寿人[マツナガヒサト]
1988年大阪市立大学医学部卒業。1992年大阪市立大学医学部神経精神学教室助手。1997年米国ピッツバーグ大学医学部精神科へ留学(1年間)。1999年大阪市立大学医学部神経精神学教室講師。2010年兵庫医科大学精神科神経科主任教授

吉村玲児[ヨシムラレイジ]
1988年大分医科大学医学部卒業。1991年産業医科大学医学部精神医学教室助手。1999年産業医科大学医学部精神医学教室講師。2001年米国ロチェスター大学分子薬理学部門へ留学(1年間)。2004年産業医科大学医学部精神医学教室助教授。2009年産業医科大学若松病院緩和ケア・精神腫瘍科診療教授。2010年産業医科大学病院神経精神科診療教授。2015年産業医科大学医学部精神医学教室教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひこうき雲

69
知らない世界を覗いて見る。著名な精神科医師が小説を書いたということが驚き。双極性障害、うつ病、統合失調症、アルコール依存症、認知症…何となく聞いたことがあった病気がどんな症状かリアルに書かれいて、理解が深まりました。2021/06/22

ばいきんまん

7
珍しいタイプの本。主に精神疾患テーマの小説集。自分も双極Ⅱ型だからか、元々精神疾患には興味がある。特に統合失調症の症状はわたしにとっては不思議がいっぱいなので、引き込まれて読んだ。また、本人が納得する受け答えの一例も知ることができた。こんなにいい対応やアドバイスをくれる先生は少ないし笑、休職・復職しやすい職場環境もそう多くはないし、理解してくれる家族ばかりではないけど、これらが回復に向かうには理想的な環境。症例や、本人の気持ちがわかりやすく書かれている。2大精神病のほか、強迫症・アルコール関連・認知症。2020/07/22

真琴

5
うつ病、双極性障害、統合失調症、アルコール依存症、認知症というような精神科疾患の、症状、診断、治療、リハビリ・・・などについて、現役の医師が著した、短編小説集。実際に、こんなにスムーズに治療が進ものかとも思いましたが、精神疾患について分かりやすく書かれているので、病気の理解には繋がる良書だと思います。2020/03/01

azu3

4
統合失調症の3例のみ、つまみ読み。さすがベテランの創作、非常にありそうな事例として読めた。オススメ。2020/04/05

jam-jam-donkuma

2
うつ病、双極性障害、統合失調症、強迫症、アルコール依存症、認知症について、症状や医師とのやり取りなどが参考になる短編小説集。強迫症の確認せずにはいられない点を、あえて確認しないことで治療するというのが、印象に残った。2020/08/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15021638
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。