精神科臨床の狭間で―折々の記

個数:
  • ポイントキャンペーン

精神科臨床の狭間で―折々の記

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2019年03月23日 05時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 80p
  • 商品コード 9784791110070
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0095

内容説明

「インテリやくざ」たれ!精神科医となって44年を数える著者が来し方の折々に綴ってきた随想の数々。精神科臨床へかける著者の想いが伝わってくる好著。

目次

1 精神科雑感(障害を受けるのも心、その心を受け止めねばならないのもまた心;学ぶべきはまずは禁忌、次いで適応;若くして癌で逝った、ある患者との別れ ほか)
2 東大精神科統合への私の関わり―始まりと終わり(助教授就任にあたって;定年退職を前にして)
3 先達に導かれて(臺弘先生への最後の手紙;土居健郎先生の思い出;中井久夫先生の「人評」)