アルコー・薬物依存症の再発予防ワークブック―ソブラエティを生きる

個数:

アルコー・薬物依存症の再発予防ワークブック―ソブラエティを生きる

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2019年01月22日 03時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 464p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791109975
  • NDC分類 493.156
  • Cコード C0011

内容説明

認知行動療法と自助グループの良さを組み合わせた「CENAPSモデル」に基づくエクササイズ。再発につながりそうな考えや態度の変化に自ら気づき、具体的に対処する力を身につける!アルコールと薬物に振り回されない人生を選び取るために。

目次

第1部 アセスメント(安定チェックリスト;治療が必要かどうかを自己評価する ほか)
第2部 警告サインの特定(再発のための学習;再発教育セルフテスト ほか)
第3部 警告サインをマネジメントする(警告サイン特定カードを完成させる;リスクの高い思考リスト ほか)
第4部 回復プラン(最初の回復プラン;回復プランの吟味 ほか)

著者等紹介

ゴースキー,テレンス・T.[ゴースキー,テレンスT.] [Gorski,Terence T.]
CENAPSコーポレーション社長。米国イリノイ州ホームウッドにおいて研修とコンサルテーションを行っている。またイリノイ州ハーベイのインガルス記念病院のアルコール依存症治療センターを率いている。さらにイリノイ州フォート・シェリダンの陸軍において従業員援助プログラムを組織してきた。多数の米国内外のアルコール依存症治療プログラムの顧問を務めており、米国や各州で多くの講演を行っている

梅野充[ウメノミツル]
精神科専門医・指導医。1965年神戸市出身、1988年筑波大学第二学群人間学類、2011年奈良県立医科大学医学部医学科卒業。東京都立精神保健福祉センター、都立松沢病院などにて依存症医療に取り組む。保健所や関係機関からの依頼による依存症関連の講演を多数行ってきた。現在、医療法人社団アパリ理事長、特定非営利活動法人東京ダルク理事、医療法人社団學風会さいとうクリニック非常勤医師、昭和女子大学非常勤講師、日本赤十字看護大学非常勤講師

谷口万稚[タニグチマチ]
米国認定臨床心理士。1970年東京都出身。1997年米国マサチューセッツ州レスリー大学大学院カウンセリング心理学部卒業。カウンセリングセンター、精神保健福祉センター、保健所、クリニック、学校などで薬物・アルコール依存症などの精神的な疾患や、心の悩みのカウンセリングに従事。企業や学校に向けての講義、ワークショップも担当してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

認知行動療法と12ステップ・プログラムを組み合わせた、全米で最も評価の高い依存症治療アプローチに基づいたエクササイズ。認知行動療法(CBT)とアルコホーリクス・アノニマス(AA)の12ステップ・プログラムを組み合わせた依存症治療アプローチ「CENAPSモデル」に基づいた当事者用ワークブック。再発につながりそうな考えや態度の変化に自ら気づき、具体的に対処する力を身につけ、再発を防ぎ、回復を維持することをめざす。アルコールと薬物に振り回されない人生を選び取るための一冊。

テレンス・T・ゴースキー[テレンスティーゴースキー]
著・文・その他

梅野 充[ウメノ ミツル]
監修/翻訳

谷口 万稚[タニグチ マチ]
翻訳