過食症:食べても食べても食べたくて―回復の秘訣がつまった2週間回復プログラム付き

個数:

過食症:食べても食べても食べたくて―回復の秘訣がつまった2週間回復プログラム付き

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年03月04日 14時36分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 464p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791109869
  • NDC分類 493.74
  • Cコード C0011

出版社内容情報

やせたいのに食べたくて、大量に食べては嘔吐や運動をする。その苦しいサイクルから抜け出すためのアドバイスと実践プログラム。やせたいのに、頭の中は食べ物のことばかり。食べだすと止まらず、それを帳消しにするための嘔吐や運動を繰り返す…。本書には、そんな過食症を克服するための実践的なアドバイスと多くの体験談が詰まっています。過食症についてのQ&A、著者自身の物語、家族への助言、回復のためのツールや2週間プログラムなど、30年以上の経験に基づく著者の知恵が、患者さんや家族、医療関係者に、広い視野と回復への希望を与えてくれます。

リンジー・ホール[リンジーホール]
著・文・その他

リー・コーン[リーコーン]
著・文・その他

安田(山村)真佐枝[ヤスダヤマムラマサエ]
翻訳

目次

第1部 過食症を理解する(過食症について最もよく聞かれる質問;怖がらずに何でも食べる―過食症から回復した私個人の物語)
第2部 過食症から回復する(さあ始めよう!;専門家による治療;回復のためのツール―多くの人にとって効果があったこと;健康的な体重、食事、運動;大切な人が過食症であるという皆さんへ ほか)

著者等紹介

ホール,リンジー[ホール,リンジー] [Hall,Lindsey]
1971年にスタンフォード大学を卒業し、心理学の学士号を取得。過食症を克服した人物として初めて全国放送のテレビ番組に出演した。70年代後半、摂食障害からの回復中にソフトスカルプチャー(布や糸のような繊維素材とゴムなどの柔らかい素材で作る彫刻作品)と呼ばれる芸術形態の先駆者としてギュルツェ・ドールを製作し、世界中で50万体以上を販売。リンジーは摂食障害について多数の本や記事を執筆・編集しており、自尊心や回復をテーマとした講演を全米各地で行っている。1990~1992年には、アメリカ摂食障害協会(現在のNEDA:National Eating Disorders Association)の執行部長を務めた

コーン,リー[コーン,リー] [Cohn,Leigh]
1975年にノースウェスタン大学で教育学の修士号を取得。摂食障害に関する多数の本の著者・共著者で、Eating Disorders:The Journal of Treatment and Preventionの編集長。全米3千の出版社から成る非営利取引協会、アメリカ独立出版社協会の元会長でもある。リーは、全米各地の大学や専門家会議で主賓講演者を務めてきた。ギュルツェ・ブックス(G¨urze Books)の創業者であり、経営者でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とももん

4
摂食障害に悩んでいる人にはかなりの良書だと思います。やはり体験者の意見は真実味があるし、実際どうやって治したか、そして、治すための実践プログラムがあるのがすごい。私は別の意味でこれを読んだので、感情的な部分はさらっと読んだ。2019/06/26

バーベナ

2
依存に囚われる時間とお金は膨大なもの。その、自分を責めるエネルギーを他に回すと凄い成果があげられる、と著者の人生を見ていて思った。気晴らししながら生きていこう。2019/06/06

cutiefunny_flash

1
摂食障害に苦しんでいるのですが、読了後はボディイメージの多様性を理解したり、食べることへの罪悪感が減りました。ほんの少しでも回復につながるので、ご本人や身近な方が摂食障害に苦しんでいる場合、ぜひ読んで見てくださいね。2019/05/22

倭寇遊

0
過食症の具体的な経験が書かれていた。 2週間のプログラムまであった2022/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13067023
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。