自閉スペクトラム症の理解と支援―子どもから大人までの発達障害の臨床経験から

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり

自閉スペクトラム症の理解と支援―子どもから大人までの発達障害の臨床経験から

  • ウェブストアに21冊在庫がございます。(2018年06月24日 04時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 225p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791109715
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C0047

内容説明

発達障害がテレビ報道など様々な領域で大きく注目!!生きづらさを抱える大人になった自閉スペクトラム症の人たち。その生活支援や就労支援は極めて重要な問題である。発達障害をもつ人と二十余年にわたりかかわり続けてきた著者が、自閉スペクトラム症について、そのすべてを分かりやすく解説する。

目次

自閉スペクトラム症とは?
自閉症から自閉スペクトラム症へ
社会生活で問題になること
自閉スペクトラム特有の感じ方、考え方
自閉スペクトラムの人にみられやすい「二次障害」
生来性の「変異」として理解できる自閉スペクトラム
支援の考え方:幼児期~思春期
こだわりへの対応
早期発見と家族の支援
集団生活における配慮
支援の考え方:青年期~成人期
「二次障害」が出てしまったら
就労・職業生活の支援

著者等紹介

本田秀夫[ホンダヒデオ]
1988年3月東京大学医学部医学科卒業。6月東京大学医学部附属病院精神神経科。1990年6月国立精神・神経センター武蔵病院精神科。1991年9月横浜市総合リハビリテーションセンター発達精神科。2009年4月横浜市総合リハビリテーションセンター発達支援担当部長兼横浜市西部地域療育センター長。2011年4月山梨県立こころの発達総合支援センター所長。2014年4月信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部部長・診療教授。日本自閉症協会理事、日本自閉症スペクトラム学会常任理事、日本児童青年精神医学会代議員、日本発達障害学会評議員、特定非営利活動法人ネスト・ジャパン代表理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。