お酒を飲んで、がんになる人、ならない人―知らないと、がんの危険が200倍以上

個数:

お酒を飲んで、がんになる人、ならない人―知らないと、がんの危険が200倍以上

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年07月28日 01時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791109548
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C0047

内容説明

どんな体質の人がお酒を飲むとがんになりやすいのか?あなたの遺伝子は、がんになりやすいタイプかもしれない。酒飲みのさまざまな運命を左右するびっくり話が満載。

目次

第1章 アルコールとがんの深い関係
第2章 お酒を飲んで赤くなる人とならない人
第3章 宴会の翌日に酒臭くなる人とならない人
第4章 赤血球の大きさとがんの関係
第5章 のどの色を見てみよう
第6章 多量飲酒でビール腹になる人とやせる人
第7章 貧血や白血球減少にもアルコールが影響
第8章 アルコール性肝障害にも遺伝子が影響
第9章 胃を切るとどうなるか
第10章 アルコール依存症は危険がいっぱい―予防のコツ、回復のコツ

著者紹介

横山顕[ヨコヤマアキラ]
独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター臨床研究部長。1985年、慶應義塾大学医学部卒業。1987年から、国立病院機構久里浜医療センター(当時は国立療養所久里浜病院)にてアルコール依存症の研究と治療に関わり、2004年より現職。アルコールによる臓器障害やアルコール依存症の治療を専門領域とし、アルコール代謝酵素の遺伝子多型が心身におよぼす影響について数多くの研究論文がある。慶應義塾大学医学部の三四会賞、医学振興基金特別奨励研究、北島賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)