きょうのお母さんはマル、お母さんはバツ―双極性障害の親をもつ子どもにおくる応援メッセージ

個数:

きょうのお母さんはマル、お母さんはバツ―双極性障害の親をもつ子どもにおくる応援メッセージ

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2017年06月27日 14時19分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B5判/ページ数 76p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784791109494

内容説明

お母さんは、こんな病気だけど、大丈夫。それに、あなたはひとりじゃないよ。たくさんの人が、あなたを見守って、応援しています。

著者紹介

肥田裕久[ヒダヒロヒサ]
医療法人社団宙麦会ひだクリニック院長。精神科医。1996年、帝京大学医学部卒業。医療法人社団拍水会初石病院などで勤務。東京大学保健センター講師、社会福祉法人よつば理事などを務め、2005年、ひだクリニックを開設。日本精神科診療所協会理事、流山市医師会副会長

雨こんこん[アメコンコン]
双極2型障害当事者。社会福祉士、精神保健福祉士。8年前にうつを機に精神科を受診し、双極性障害2型の診断を受け治療を開始した。公的機関で子ども相談に従事した経験をもつ

はにゅうだゆうこ[ハニュウダユウコ]
作業療法士、イラストレーター。緩和ケア病棟の看護助手や知的障害者施設での介助員、葬祭アシスタントの勤務経験を経て、40代半ばで作業療法士となる。現在、精神科勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

本書は、双極性障害の親をもつ子どもに向けて書かれた絵本です。子どもに対する心理的ケアに役立ちます。

肥田 裕久[ヒダ ヒロヒサ]
医療法人社団宙麦会 ひだクリニック院長。精神科医。
1996年、帝京大学医学部卒業。医療法人社団拍水会初石病院などで勤務。東京大学保健センター講師、社会福祉法人よつば理事などを務め、2005年、ひだクリニックを開設。日本精神科診療所協会理事、流山市医師会副会長。

雨 こんこん[アメ コンコン]
双極?型障害当事者。社会福祉士、精神保健福祉士。8年前にうつを機に精神科を受診し、双極性障害?型の診断を受け治療を開始した。公的機関で子ども相談に従事した経験をもつ。

はにゅうだ ゆうこ[ハニュウダ ユウコ]
作業療法士、イラストレーター。緩和ケア病棟の看護助手や知的障害者施設での介助員、葬祭アシスタントの勤務経験を経て、40代半ばで作業療法士となる。現在、精神科勤務。