日本総合病院精神医学会治療指針<br> 子どものこころの診療ハンドブック―日本総合病院精神医学会治療指針〈7〉

個数:

日本総合病院精神医学会治療指針
子どものこころの診療ハンドブック―日本総合病院精神医学会治療指針〈7〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月20日 14時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 46判/ページ数 186p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791109456
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C3047

目次

なぜ子どもを診るべきなのか―児童精神科医療の必要性と役割
大人の診察と同じように子どもを診よう―一般外来に子どもが来たときの対応 初診から数回の流れ
子どもを取り巻く大人をサポートする―子どもの家族への対応
適応とメリットを理解しよう―入院治療を要する場合の対応
パートナーの仕事を理解しよう―臨床心理士の役割
他機関と協調して支援する―教育機関、児童相談所など他機関との連携
教育機関と上手につながる―教師・スクールカウンセラーとの連携
有効なツールの存在を把握しておこう―療育手帳や特別児童扶養手当などの取得、申請
仲間で支え合う場所―患者会、家族会(自助グループ)
からだの病気を見落とさない―身体的診察・検査
大人との相違点を理解しよう―子どものこころの診療における薬物療法
他科とコミュニケーションよく診療することのメリットを再確認する―小児科・産科との連携
身体疾患で入院中の子どもにこころのケアを―入院患者やがん患者のコンサルテーション-リエゾン
大人との違いを理解して対応しよう―子どもの精神病性障害
特性と二次障害を把握しよう―発達障害圏の診断と初期対応
からだとこころのバランスを見極める―心身症・身体症状を訴える子どもの初期対応
個々のケースに合った対応を―不登校の初期対応
総合病院が治療の中心となる―摂食障害の初期対応
チームワーク・ネットワークで早期の発見と介入を―被虐待事例の初期対応
子どもに特有の反応と対応を理解しよう―災害後の子どものこころのケア

出版社内容情報

児童精神科を専門としない医療関係者も手軽に使える、エビデンスにこだわらず臨床を重視した子どもの心の診療・実践マニュアル。

日本総合病院精神医学会 児童・青年期委員会[ニホンソウゴウビョウインセイシンイガクカイジドウセイネンキイインカイ]