パーソナリティ障害の素顔 - 致命的な欠陥をもつ人たち

個数:

パーソナリティ障害の素顔 - 致命的な欠陥をもつ人たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月03日 17時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 715p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791107674
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0047

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

るうるう

1
さまざまなパーソナリティ障害について、遺伝的、生物学的、社会学的、生育環境等、さまざまな側面から、脳科学や遺伝子分析をふまえて総合的に考察した大著。たとえば反社会性人格障害について、脳の機能障害や遺伝子に基づく脳の特性との関連が指摘される。同時に、環境因子や本人の意思との関連も述べられる。とはいえ、だ。「ガダカ」のような遺伝子選択が現実に可能となりつつあることを思い知らされる。これも人類の進化、なのだろう。人間のパーソナリティについて視野が広がったことは確か。 2015/03/23

まいこ

0
それぞれのパーソナリティ障害についてとても具体的な例が出てくるけれど、ちょっと変わり者だったり、個性の範疇に入るのではと感じてしまう例もあり、障害という枠に入れる必要があるのかとも。 日本人の多くが依存性パーソナリティ障害になってしまうだろうし、社会や文化によって変わりうるものが障害なのかとも。2013/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3169591

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。