オトコのうつ―イライラし、キレやすく、黙り込む男性のうつを支える女性のためのガイドブック

個数:

オトコのうつ―イライラし、キレやすく、黙り込む男性のうつを支える女性のためのガイドブック

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月04日 13時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 335p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791107391
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C0011

内容説明

身近な男性がうつになったとき、それがうつだとは気づかないかもしれません。男性のうつは女性とは違った言動となって現れるからです。新型うつ、自己愛型うつの治療に悩む医療関係者にもおすすめ。

目次

第1章 「うつ病」らしいうつ―うつ症状が表に出るタイプの男性
第2章 男性型うつ―うつ病らしくないうつの男性
第3章 うつ状態の男性の心を開くためのコツ
第4章 うつ状態の男性とうまく話すためのコツ
第5章 彼の八つ当たりを受け続けないで!―イネイブリング、共依存にならないために
第6章 彼が治療を受けるための手助けをする―カウンセリング、心理療法
第7章 彼が治療を受けるための手助けをする―薬物療法
第8章 二人の関係―セックス、思いやりと愛情
第9章 罪悪感と期待
第10章 自分を大切にする
第11章 彼から離れるべきときを知っておく

著者等紹介

ウェクスラー,デヴィッド・B.[ウェクスラー,デヴィッドB.]
Ph.D.アメリカ合衆国サンディエゴ州在住。夫婦やカップルなどの関係性の治療の専門家。The Relationship Training Institute理事。関係の改善方法、DVの予防と治療における先駆的なアプローチを開発し、海外でも専門家の訓練に携わっている。活動はThe Dr.Phil ShowやThe Today Showなどの北米の多くのテレビ番組、ラジオ番組、ワシントンポスト紙、O Magazine、コスモポリタン,Redbook、Men’s Healthなどでもとりあげられ、関係性の問題とその改善方法についての啓蒙活動を続けている

山藤奈穂子[ヤマフジナオコ]
富山県に生まれる。お茶の水女子大学文教育学部教育学科臨床心理学専攻卒業、文教大学大学院人間科学研究科臨床心理学専攻修士課程修了。臨床心理士。現在、病院と学校での心理臨床、看護学校でのカウンセリング講義、地域での講演などを行っている

荒井まゆみ[アライマユミ]
千葉県に生まれる。1994年からシアトル市在住。米国・ワシントン州シアトル市ワシントン大学女性学部卒業。2001年からシアトルの法律事務所勤務。現在は、シアトル市にて翻訳活動に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ブルーツ・リー

1
従来のうつ病の範疇からやや外れる、男性が陥る「男性のうつ」があるとの主張に基づき、男性型うつの対処法を解説している本。 最初「男性型うつ」とか、新たな概念を作ってしまうと、不用意にうつ病だと呼ばれる人を増やしはしないだろうか…?と思って読んだが、1冊読んでみると、完全なうつ病の領域ではなくて、うつ状態、くらいのうつで、こういう事もあり得るのかな、と思いました。 ただ、うつへの対処法で、ジムに定期的に通えるかというと、うつが本当に酷い時は不可能なので、慢性期のうつへの対処法の本だと捉えて読んだ方がいいかも。2020/02/07

みゅー

0
面白かったです。後半までずっと作者は女性と思っていて、訳者が女性のためかもしれませんが、大切なパートナーを支える女性の目線で書かれた本です。うつが大きな話題となって社会に定着した今、少し前に出版された本ではありますが、とても参考になるかと思います。問題を抱えた男性の多くは隠れうつかもしれません。具体的な会話の返し方が台詞で書かれたいるので、分りやすいです。ここは、うつじゃない男性との会話にも十分応用できるかと思います。一番大切なのは自分自身であると最後の章に書かれていて、救われますし、勇気付けられる本です2018/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/601211
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。