統合失調症からの回復を支える―心理教育・地域生活支援・パートナーシップ

個数:

統合失調症からの回復を支える―心理教育・地域生活支援・パートナーシップ

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 214p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791107339
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C0047

内容説明

真の「回復」とは何か?そのために何ができるのか?精神科医として、支援者として、隣人として、自らの立ち位置を模索し続ける中で書かれた19章。当事者・ご家族に寄り添いつつ学んだエンパワーメントアプローチの実践技術と、技術以前の支援の本質。

目次

第1部 統合失調症の経過に影響を与える要因と回復に向けた支援(ある統合失調症患者の経過;精神障害者の実情と支援の必要性 ほか)
第2部 地域生活支援における当事者と支援者の関係(パートナーシップとは―アンケート調査による「やどかりの里」と「ヴィレッジ」の比較;地域支援におけるパートナーシップのあり方(1)―ACTにおける支援を例として ほか)
第3部 統合失調症の家族の現状と支援(精神障害者と家族(1)―精神医療史の中における位置づけ
精神障害者と家族(2)―その現状と意見 ほか)
第4部 病名告知と心理教育(病名告知と本人・家族の反応―デイケア利用者の家族に対するアンケート調査;日本における心理教育の歴史と現状 ほか)

著者等紹介

白石弘巳[シライシヒロミ]
東洋大学ライフデザイン学部教授。医学博士、専門は精神医学、精神保健学。1953年生まれ。1979年東京医科歯科大学医学部卒業。1989年東京医科歯科大学大学院修了。内科研修後、正慶会栗田病院、埼玉県立精神保健総合センターなどで精神科臨床に従事。1996年~2005年まで東京都精神医学総合研究所勤務。精神保健福祉に関する制度やサービスのあり方に関する研究に従事。その傍ら当事者や家族の支援にも携わってきた。2005年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。