不安の病

個数:

不安の病

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 187p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791107162
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C0047

内容説明

不安や恐怖を感じたり、緊張したり恥ずかしいと思う時、私たちの体はどのような状態になるのでしょうか?パニック障害、対人恐怖・社会不安障害、強迫性障害、疼痛性障害、心気症など、日常の生活に支障をきたす不安障害を理解するために。

目次

1 不安とそれに関わる症状
2 パニック障害
3 社会恐怖(対人恐怖、社会不安障害)
4 強迫性障害
5 疼痛性障害と心気症
付録 不安障害の薬物療法

著者等紹介

伊豫雅臣[イヨマサオミ]
1958年4月東京都生まれ。1984年3月千葉大学医学部卒業。1985年10月国立精神・神経センター精神保健研究所薬物依存研究部研究員。1988年10月~1989年9月NIH米国立老化研究所神経科学研究部客員研究員。1991年4月国立精神・神経センター精神保健研究所薬物依存研究部室長。1997年1月浜松医科大学精神神経医学講座助教授。2000年6月千葉大学医学部精神医学講座教授。2001年4月千葉大学大学院医学研究院精神医学教授(組織改変による)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

saga

25
不安との闘い。久しぶりに精神神経関係の書籍を読むことになった。治療の理論、特に認知行動療法が有効であろうことは判るのだが、いざ当事者になるとなかなかに難しいと感じる。本書で引用されている森田療法の「絶対臥褥」「煩悩即解脱」という用語は時代を感じさせるが、重く頼りがいのある言葉に思える。2014/01/28

滝原夏希

0
自分自身が不安神経症のケがあるし、昔は強迫神経症っぽかったからこの手の本はかなり読んでいる。 真新しい情報は得られませんでしたね。 誰しも不安を感じたり落ち着かない気分になることはあるから、それと病との線引きの基準がいまだにわからない。 当事者が苦しくなってお医者にかかって診断されて薬だされて、となれば堂々と「私は病気です」といえるけど。 実はボーダーの人って潜在的にかなりいるのではないかな?2016/01/10

陽香

0
20090825

a

0
大体、同じことが書いてあった。2019/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/287451

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。