マンガ リストカット症候群から卒業したい人たちへ―ストップ・ザ・カッティング

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

マンガ リストカット症候群から卒業したい人たちへ―ストップ・ザ・カッティング

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月21日 04時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 170p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791106516
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0095

出版社内容情報

うつ病、強迫性障害、パニック障害、PTSDなどにおける感情と認知の神経科学的な基盤をカラフルな図とともに分かりやすく解説。

内容説明

漫画家たなかみるが出会った、リストカット症候群(と摂食障害)をもつ仲間たちの体験談が盛りだくさん!病をもつ人たちの心の声を解き放ち、回復への道のりを探りました。とってもキュートなおまけシール付き。

目次

第1章 彼女たちの場合(Aさんの場合;Bさんの場合 ほか)
第2章 リストカット4コママンガ集(リストカットは伝染する;リストカッター同士でモメる ほか)
第3章 めざせリストカット症候群回復の道のり(みるとゆみの「私たちは切りたい衝動をこうやって乗り切ってます」;リストカットなどの衝動的行動を抑える手段にはお薬は有効だと思います ほか)
第4章 めざせ摂食障害回復の道のり(摂食障害回復編―たなかの場合;私の摂食障害回復について)
第5章 リストカットや摂食障害について私なりに頑張って考えてみたの巻(リストカット症候群や摂食障害について考えてみよう)

著者等紹介

たなかみる[タナカミル]
1971年生まれ。大阪在住。高校中退。イラストレーター兼マンガ家。中学生・小学生の子を持つ2児の母

西側充宏[ニシガワミツヒロ]
1992年、大阪医科大学卒業。同大学神経精神医学教室に所属。香良病院勤務、藍野病院・藍野花園病院勤務、ねや川サナトリウム勤務を経て、2003年から阪南病院勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mochi

1
”リストカットも摂食障害も治療は基本的には人格の成長であり、治療というよりは限りなく子育てに近い”という監修医西側氏のコメントが印象的だった。2018/05/05

:*・ さくら華恋 ・*:

1
ずっと読んでみたかった本でした、自分より酷い症状の人ばかりでビックリしましたが( ̄□||||!!読んで良かった1冊です2013/11/02

柚希

1
凄いよかった2013/07/13

雨音

1
読んで、あー懐かしーなーなんて思ってしまったり。ここまで重症じゃなかったけれど、軽いものなら(周りに一切気付かれない)まだまだ癖で残ってる気もする。気長に付き合うしかないのかも。2013/06/04

出口求

0
リストカット常習者になってから本書を手に取ったほうが良い。そうでなければそれこそ症状が感染する(汗)。さまざまな事例が漫画でわかりやすくできるだけ陽気に説明されている。常人ではなかなか理解できない世界ゆえ、一般人に読んでほしいとは思わないが、ODや自傷行為の再発で悩んでいる人には読んでみてほしい一冊。何かの解決の糸口になればよいと思う。ただし、ここの事例の方々は相当進行が激しいので一緒になってつられてしまわないように気を付けてほしい。2015/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/34299

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。